Skip to main content

プロセスへのデータトランスフォームの追加

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

時間の節約のため、データトランスフォームをプロセスに追加し、データトランスフォームを行う場所を定義します。 通常は、2つのアサインメントの間にデータトランスフォームを追加します。 たとえば、発注書を処理する際に、ユーザーが請求先住所として入力したデータを配送先住所に転記できます。

  1. Dev Studioのナビゲーション パネルで「Case types」をクリックし、開きたいケースタイプをクリックします。

  2. データトランスフォームを適用するプロセスで「Configure process」をクリックします。

  3. ツールバーで「Open process」をクリックします。

  4. データトランスフォームを追加する2つのアサインメントの間のコネクターをダブルクリックします。

  5. 「Connector properties」ウィンドウの「Set properties」セクションで「Apply data transform」を選択します。

  6. 「Data transform」フィールドで、下矢印キーを押して、データトランスフォームを選択します。

  7. 「Submit」をクリックします。

  8. 「Save」をクリックします。

  • プロパティの参照

    ケースの処理に必要なデータを提供するには、情報をプロパティの形式で参照します。 プロパティを参照すると、アプリケーションにより顧客の電話番号や住所などの特定の情報が呼び出されます。

  • データトランスフォーム

    データトランスフォームでは、あるフォーマットおよびクラス(ソース)のデータを別のフォーマットおよびクラス(ターゲット)のデータに変換する方法を定義します。 サポートされている形式はクリップボードとJSONです。 アクティビティの代わりにデータトランスフォームを使用してプロパティ値を設定すると、開発がスピーディーに進み、アプリケーションのメンテナンスが容易になります。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice