Skip to main content

Tracerツールによるアプリケーションエラーの調査

Tracerツールによるアプリケーションエラーの調査

Tracerツールを設定してアプリケーションの実行を追跡し、問題を調査できます。 アプリケーションの実行に伴って、実行結果として発生するすべての処理イベントがログに記録されます。 ユーザーは、Tracerによってログに記録されるイベントを表示し、処理エラーを分析し、エラーの原因を特定します。

Tracerでは、個々のイベントがそれぞれ別の行に表示されます。 記録は、次のように色別に表示されます。

  • 灰色: アクティビティの処理中
  • オレンジ色: フロー、デシジョン、または宣言型ルールのイベント
  • 水色: PegaRULESデータベース操作とキャッシュ操作

Tracerに表示されるレコードについての詳細は、ヘルプトピック「Tracer results window」を参照してください。

Tracerには、App Studioの「Runtime」ツールバーとDev Studioの「Developer」ツールバーからアクセスできます。

tracer-tool

Tracerは、Dev Studioの要求元セッションで発生するすべてのアクションとイベントをログに記録します。 それぞれのイベントは、発生順にログに記録され、スレッド、イベントタイプ、ステータスごとに識別されます。

tracer events

「Name」列と「Ruleset」列で、行項目ごとのルール名と関連ルールセットを確認できます。 「Name」列の行項目を選択して、ルールを表示し、考えられる問題についてルールの見直しを行います。 Tracerツールで行を選択すると、イベントの詳細を確認できます。 詳細は新しいウィンドウに表示されます。 このウィンドウから、イベント発生時のメモリーの内容を確認できます。 イベントプロパティのレビューが終わったら、ウィンドウを閉じてTracerツールに戻ります。

tracer event properties

「Step Page」列の行項目を選択すると、イベント実行時のページプロパティとその値のリストが表示されます。 この情報を使用して、値が想定と異なるかどうかを確認します。

例として、次の図にTracerの結果のサンプルを示します。 ユーザーがイベント11391の「Step Page」列をクリックし、pyWorkPageに関するプロパティを表示しています。

tracer event 11391 highlighter for pywork

 

tracer event 11391 pywork page properties

 

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice