Skip to main content

フローとケースタイプの単体テストケースの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

フローやケースタイプの単体テストケースを作成するには、フローやケースタイプを実行し、アサインメントと意思決定のためのデータを入力します。 データトランスフォームに入力したデータは、テストフォームを保存した後に作成され、記録されます。 記録はいつでも開始できます。

フローやケースタイプについて記録できるデータには特定の条件が適用されます。 記録できるデータについての詳細は、「Data that you can record for flows and case types」を参照してください。

はじめに: pxCapturePropertyIgnoresデータトランスフォームを変更して、ワーククラスのプロパティをテストから除外できます。 詳細は、「Excluding work class properties from form and case type tests」を参照してください。

  1. ツールバーで、「Actions」>「Record test case」をクリックします。

    フローやケースタイプの実行が開始します。

  2. フローやケースタイプの実行ステップに従って、データを入力します。

  3. 画面右下の「Create test case」をクリックして、記録した内容をテストケースとして保存します。

  4. 「Save」をクリックし、テストケースを識別するためのラベルを入力してから、「Submit」を送信します。

  5. オプション:

    テストに使うルールやクラスを変更するには、「Definition」タブの右上隅にある歯車アイコンをクリックし、ルールまたはクラスを選択してから、「Submit」をクリックします。

  6. オプション:

    テストをテストスイートの一部として実行したり、RESTサービスから実行しないようにするには、 「Definition」タブで「Disable」チェックボックスをオンにします。

    「Actions」>「Run」を手動でクリックした場合にのみテストケースが実行されます。

  7. 「Expected results」セクションで、想定されるテスト結果を定義するアサーションを追加します。 アサーションの作成についての詳細は、「Defining expected test results with assertions」を参照してください。

  8. 「Setup & Cleanup」タブで、実行するアクション、およびテストの実行前後に使用できるオブジェクトとクリップボードページを設定します。 また、追加のデータトランスフォームまたはアクティビティを適用して、テストの実行後にクリップボードをクリーンアップすることもできます。 詳細は、「Setting up and cleaning the context for a test case or test suite」を参照してください。

  9. 「Save」をクリックします。

  10. 単体テストケースを設定します。 詳細は、「Creating unit test cases for rules」を参照してください。

補足:

テストケースを保存した後、ユーザーが入力した情報を取得するデータトランスフォームが作成され、テストケースに関連付けられます。 このデータトランスフォームを編集して、テストケースの入力を変更できます。 フローやテストケースのパスは「Edit test case」フォームにも表示されます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

Thank you for your feedback.

このコンテンツは 25% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice