Skip to main content

ルールの単体テストケースの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ほとんどのルールについては、単体テストをテストケースに変換し、ケースの詳細を設定し、アサーション(テスト条件)を使って想定されるテスト結果を定義して、再利用可能なテストケースを作成できます。 テストケースを実行すると、ルールのアサーションに定義された想定される結果とテスト結果が比較されます。 テスト結果が、定義されるアサーションを満たさない場合、テストは不合格になります。

はじめに: ルールの単体テストを実行し、そのテストをテストケースに変換します。 詳細は、「Unit testing individual rules」を参照してください。

  1. オプション:

    テストに使うルールやクラスを変更するには、「Definition」タブの右上隅にある歯車アイコンをクリックし、ルールかクラスを選択してから、「Submit」をクリックします。

    ストラテジールールをテストする場合は、componentNameパラメーターとpzRandomSeedパラメーターも表示されます。 それらのパラメーターのいずれかを変更すると、テストケースで想定通りの結果が返されなくなります。

    • componentName – テスト対象のコンポーネント(スイッチなど)の名前。
    • pzRandomSeed – SplitシェープとChampion Challengerシェープの乱数シードである内部パラメーター。
  2. オプション:

    テストスイートの一部としてテストを実行したり、RESTサービスから実行しないようにしたりするには、「Definition」タブで「Disable」チェックボックスをオンにします。

    「Actions」>「Run」をクリックした場合にのみテストケースが実行されます。
  3. 「Expected results」セクションで、想定されるテスト結果を定義するアサーションを追加します。 アサーション作成の詳細については、「Assertions」を参照してください。

  4. 「Setup & Cleanup」タブで、実行するアクション、およびテストの実行前後に使用できるオブジェクトとクリップボードページを設定します。 また、追加のデータトランスフォームまたはアクティビティを適用して、テストの実行後にクリップボードをクリーンアップすることもできます。 詳細は、「Setting up your test environment」を参照してください。

  5. 「Save」をクリックします。

  6. 「Details」ダイアログボックスで、テストケースを識別するラベルを入力します。 ラベルに基づいてテストケースIDが生成されます。テストケースIDは、保存した後には変更できません。


このトピックは、下記のモジュールにも含まれています。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice