Skip to main content

メッセージマニフェストの実装

メッセージマニフェストの実装

ロボッティックソリューションにメッセージマニフェストを実装する際に考慮し、認識するべき3つの項目があります。

  • Pega Robot Runtime™では、マルチプロジェクトソリューションのメッセージマニフェスト定義をどのように管理するか。
  • デベロッパーはMessageManifestコンポーネントのメソッドをどのように使用するか。
  • デベロッパーはMessageDetailsオブジェクトをどのように渡したり、返したりするか。

ランタイムのマルチプロジェクトソリューション

3つのプロジェクトを含むソリューションについて考えます。 各プロジェクトには、それぞれのプロパティで作成された独自のメッセージマニフェストが定義されています。

  1. Pega Robot Runtimeは、ソリューションプロジェクトを開始してロードします。
  2. Pega Robot Runtimeは、各プロジェクトのメッセージ定義を1つのメッセージ定義ストアにマージします。
  3. 各プロジェクトのMessageManifestコンポーネントは、1つの中央メッセージ定義ストアへのアクセスを提供します。

MessageManifestコンポーネントのメソッド

MessageManifestコンポーネントには4つのメソッドがあります。

msg man methods
メソッド 説明
GetMessage 指定されたメッセージのメッセージ定義の個々のプロパティを返します
GetMessageDetails メッセージ定義の個々のプロパティを含むMessageDetailsオブジェクトを返します。 置換項目を含むメッセージには入力値を提供できます
ShowMessage (1 parameter) MessageDetailsオブジェクトに基づいてメッセージを表示します
ShowMessage (2 parameters) コードおよび置換に必要な入力が指定されたメッセージを表示します
補足: どちらのShowMessageメソッドも、System.Windows.Forms.DialogResultオブジェクトを返します。

MessageDetailsオブジェクト

デベロッパーがGetMessageDetailsメソッドを使用すると、指定されたメッセージを表すMessageDetailsオブジェクトが返されます。 MessageDetailsオブジェクトはメッセージ定義をプロパティとして公開します。

その結果、Jumpラベルとエグジットポイントの両方がMessageDetailsオブジェクトをデータタイプとしてサポートするため、オートメーションではMessageDetailsオブジェクトをオートメーション出力としても、Jumpラベル入力としても渡すことができます。

msg details data type
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice