Skip to main content

Pega Cosmos 構造のまとめ

Pega Cosmos のデザインシステムは、ユーザーに重要な情報を一目で見られるように表示します。 

サマリーパネル

サマリーパネルには、ケースに関する重要な情報が含まれています。 そのサイズと形状は、意図的にモバイルデバイスに似せてあります。 サマリーパネルの配置は、レコードの最も重要な情報が画面の左上に表示されるようになっています。 左から右に読むユーザーは、直感的に画面の左上を見て、コンテキストを理解し、新しい画面での次の操作を把握します。

summary-panel

ワークエリア

画面の中央がWork area(ワークエリア)です。 ワークエリアの上部には、ケースライフサイクル、続いてケースとユーザーに関連するアサインメントのリストが表示されています。 アサインメントセクションの下には、アクティビティフィードがあり、完了したタスク、コラボレーション、ノートなど、ケースに関連するすべてのアクティビティが表示されます。 左側のワークエリアのタブを調整してビューを変え、必要に応じて追加のデータを表示することができます。 

cosmos-anatomy-work-area

ユーティリティとグローバルナビゲーションリボン

右側には、ユーザーがケースを操作するのに役立つユーティリティがあり、左端にはグローバルナビゲーションリボンがあります。 すべてのナビゲーション要素は、従来のアプリケーションヘッダーではなく、1つのグローバルナビゲーションコンポーネントに含まれています。 これにより、作業内容が上方に移動し、画面をより効率的に使うことができます。

cosmos-anatomy-global-nav-utilities

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice