Skip to main content

Pegaプラットフォームの分析ツール

各スプリントで使用するPegaプラットフォームのツール

Pega Platform™には、アプリケーションの健全性を全体的に把握するための検証ツールやダッシュボードがいくつか組み込まれています。 これらを使用することで、改善ができる箇所をすばやく分析し、アプリケーションが、準備フェーズで定義された完了の定義(DoD)を遵守していることを確認できます。

  • Pega Predictive Diagnostic Cloud™(PDC) – アプリケーションの健全性を評価するために、アプリケーションのライフサイクルを通して使用される、AIを搭載したテクノロジーです。
  • Performance Profiler – プロセスのどの部分でパフォーマンスの問題が発生しているのかを特定します。
  • Database Trace – Pegaデータベースや他のリレーショナルデータベースとアプリケーションとのやり取りのパフォーマンスを検証します。
  • Performance Analyzer(PAL) – Pegaプラットフォームが取り込むすべてのパフォーマンス統計のビューを提供します。

これらのツールは問題のあるエリアをピンポイントで指摘し、場合によっては、問題を軽減または修正する方法を特定します。 プロジェクトのライフサイクルを通してこれらのツールを使用することで、パフォーマンス、セキュリティ、安定性に関する潜在的な問題をプロジェクトの早い段階で特定できます。 アプリケーションの問題は、アーキテクチャや設計に関連していることが多いため、完了するのが大幅に容易でコストも低い場合は、できるだけ早く発見し修正する必要があります。

ヒント: Pegaのツールをインスプリントテストに組み込みます。 これらを正式な完了の定義(DoD)の中に含めることで、確実に使用されるようにします。

PDCを使用したアプリケーションのパフォーマンス分析

Pega Predictive Diagnostic Cloud™(PDC) – アプリケーションの健全性を評価し、重要な問題を通知し、パフォーマンス、セキュリティ、安定性の問題を解決するために、アプリケーションのライフサイクルを通して使用される、AIを搭載したテクノロジーです。

PDCは、Pegaプラットフォームのアプリケーションから生成されたアラート、システム健全性パルス、ガードレール違反を収集、集約、分析し、トレンドのダッシュボードを作成します。 システムパフォーマンスやビジネスロジックの潜在的な問題を予測し、修正案を提供することで、ビジネスのステークホルダーやIT管理者が予防的なアクションを取れるよう促します。 

PDCは以下のような問題を特定し、解決できるよう支援します。 

  • アプリケーションロジック – アプリケーションにビジネスロジックを組み込む設定に関連する問題
  • コネクター – アプリケーションにあるコネクターに関連する問題
  • データベース – データベースの設定で発生する問題
  • 意思決定 – 意思決定戦略マネージャー(DSM)に関する問題
  • 例外 – コードのエラーに関連する問題
  • 操作 – アプリケーションのランタイム操作に関連する問題
  • Pegaプラットフォームのチューニング – 設定に関連する問題
  • イベント関連 – PDCが、監視しているシステムから受け取るデータポイント

PDCのイベントにはアラートや例外が含まれ、次を実行します。

  • システムに例外(実行中のプログラムのフローを中断する予定外のイベント)が発生したかどうかを確認する
  • システム障害の前に発生したイベントを調査する
  • 問題の状況を評価する
    • パフォーマンスの低下に伴って発生したイベントを調査し、改善点を探る
    • パフォーマンスに影響を与えたノードが正しく動作しているかどうかを評価する

PDCへのアクセスや使用の詳細については、Pega AcademyのトピックPDCを使ってアプリケーションのパフォーマンスを分析するを参照してください。

Performance Profilerを使用したアプリケーションのパフォーマンス分析

Performance Profilerは、プロセスのどの部分にパフォーマンスの問題があるかを判断したり、パフォーマンスの問題があると考えられるデータトランスフォームやアクティビティの特定のステップを識別したりします。 Performance Profilerを使用する際には、まずアプリケーションのパフォーマンスの測定値を記録し、その測定値を分析して問題を特定します。

Performance Profilerランディングページの詳細については、Pega AcademyのトピックPerformance Profilerを使ってアプリケーションのパフォーマンスを分析するを参照してください。

Database Traceを使用したアプリケーションのパフォーマンス分析

Database Traceは、Pega Platform™データベースや他のリレーショナルデータベースとリクエスターセッションのやりとりを反映したSQLステートメント、ルールキャッシュヒット統計、タイミング、その他のデータを含むテキストファイルを作成します。 アウトプットを解釈するために、SQLについてよく理解しておく必要はありません。

db trace options

Database Traceの詳細については、Pega AcademyのトピックDatabase Traceを使ってアプリケーションのパフォーマンスを分析するを参照してください。

Performance Analyzerを使用したアプリケーションのパフォーマンス分析

Performance Analyzer(PAL)は、Pegaプラットフォームが取り込むすべてのパフォーマンス統計のビューを提供します。 PALを使用すると、単一のリクエスターセッションを処理することで消費されるシステムリソースを把握できます。

pal full

Performance Analyzerの詳細については、Pega AcademyのトピックPerformance Analyzerを使ってアプリケーションのパフォーマンスを分析するを参照してください。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice