Skip to main content

チャレンジ

プロパティ値が変化した場合のアクションの自動化

2 タスク

15 分

Visible to all users
中級 Pega Platform 8.6 Dev/Designer Studio 日本語

シナリオ

TGBの給与部門からのレポートによると、一部の従業員が振込の登録時に誤った銀行名を入力しているとのことです。 給与部門では、給与設定ケースでのエラーを避けるために、入力されたルーティング番号に基づく銀行名の入力をリクエストしています。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB rules
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 銀行情報セクションの更新

  1. Dev Studioで、セクションルールProvideBankInformation_0を検索して開きます。
    ヒント: 検索機能や「Records Explorer」を使用して、セクションルールを探すことができます。 「Records Explorer」では、フィルターオプションを使用して対象のルールを探します。
  2. 埋め込みセクションをダブルクリックして、Cell Propertiesダイアログボックスを開きます。
    provide-bank-information-section
  3. セクションルールBankInformationを開きます。
    embedded-section
  4. Bank nameフィールドをダブルクリックして、Cell Propertiesダイアログボックスを開きます。
    Bank information section with the Bank name field highlighted
  5. PresentationタブのEdit optionsリストで、Read-only (always)を選択します。
  6. ダイアログボックスで、Submitをクリックして変更内容を適用します。
  7. Routing numberフィールドをダブルクリックして、Cell Propertiesダイアログボックスを開きます。
  8. Actions タブのActions typeで、Standardを選択します。
  9. Create an action set をクリックして、フィールドにアクションセットを追加します。
  10. Add an event > Changeをクリックして、コントロールに変更イベントを追加します。
  11. Add an action > Display: Refreshをクリックして、フィールドに「Refresh-This section」アクションを追加します。 これにより、ユーザーがセクションでルーティング番号を変更した場合に、更新された銀行名がすぐに表示されるようになります。
    action-set
  12. Submit をクリックして、変更内容を適用します。 セクションは次の画像のようになります。
    Bank information section
  13. セクションルールを保存します。

2 変更の宣言およびアクティビティルールの作成

  1. Dev Studioで、「Records Explorer」を開きます。
  2. Records ExplorerでDecision > Declare OnChangeをクリックして、アプリケーションでOnChangeトリガーの現在のリストを開きます。
  3. Createをクリックして新しいDeclare OnChangeルールを作成します。
  4. 新しいDeclare OnChangeルールをUpdateBankNameとして保存します。
  5. Apply toフィールドの値がTGB-HRApps-Work-PayrollSetupであることを確認します。
    declare-on-change-record
  6. Properties To Watchフィールドで、変更を監視するプロパティとして「.RoutingNumber」と入力するか選択します。
  7. Whenフィールドで、「Always」と入力するか選択して、ルーティング番号を変更するたびに指定されたアクティビティを実行します。
  8. When True Runセクションで、アクティビティ名UpdateBankNameを入力します。
    declare-onchange-configuration
  9. アクティビティ名の隣にあるopen アイコンをクリックして、 「Create Activity」フォームを開きます。
  10. Create and openをクリックして、新しいアクティビティルールをUpdateBankNameとして保存します。
    activity-record
  11. アクティビティルールのSecurity タブで、Activity typeOnchangeに変更します。
  12. 以下のようにアクティビティを設定します。 このアクティビティは、ユーザーがRouting numberフィールドに無効なルーティング番号を入力した場合に、もう一度値を設定する前に以前のBank nameの値を削除します。
    When条件 メソッド プロパティ名 プロパティ値
    なし Property-Remove .BankName  

    .RoutingNumber=="021001088"
    trueの場合: Continue Whens
    falseの場合: ステップをスキップ

    Property-Set .BankName "HSBC Bank USA"
    .RoutingNumber=="124003116"
    trueの場合: Continue Whens
    falseの場合: ステップをスキップ
    Property-Set .BankName "Ally Bank"
    .RoutingNumber=="061000104"
    trueの場合: Continue Whens
    falseの場合: ステップをスキップ
    Property-Set .BankName "Sun Trust Bank"
     
    activity-configuration
    補足: ルーティング番号は、口座を開設した金融機関を特定するために使用されます。 ルーティング番号の詳細については、「https://bankorganizer.com/list-of-routing-numbers/」を参照してください。
  13. アクティビティルールUpdateBankName を保存して閉じます。
  14. Declare OnChangeルールUpdateBankName を保存して閉じます。

作業の確認

  1. ユーザーポータルで新規のPayroll Setupケースを作成します。
  2. ケースを「Provide bank information」ステップに進めます。
  3. Routing numberフィールドに「021001088」と入力し、Bank nameフィールドが自動的に「HSBC Bank USA」に更新されることを確認します。
    Screenshot-showing-onchange-test-for-routing-number
  4. Routing number フィールドに「124003116」と入力し、Bank nameフィールドが自動的に「Ally Bank」に更新されることを確認します。
    Screenshot-showing-onchange-test-for-routing-number
  5. Routing numberフィールドに「061000104」と入力し、Bank nameフィールドが自動的に「Sun Trust Bank」に更新されることを確認します。
    Screenshot-showing-onchange-test-for-routing-number
  6. Routing numberフィールドに「123107613」と入力し、「Bank name」フィールドが自動的に「--(空欄)」に更新されることを確認します。
    Screenshot-showing-onchange-test-for-routing-number


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice