Skip to main content

チャレンジ

データページのエラー処理の構成

4 タスク

30 分

Visible to all users
中級 Pega Platform 8.6 データ統合 日本語

シナリオ

各Candidateケースの一環として、TGBは応募者のバックグラウンドチェックを行います。 バックグラウンドチェックの一環として、SOAPコネクターを呼び出してクレジット調査プロバイダーからクレジットレポートを取得します。 SOAPコネクターの呼び出し時に問題が発生した場合、TGBはエラーをログに記録し、「Credit Check unavailable: contact your system administrator」というメッセージを表示したいと考えています。

この機能を実現するには、D_CreditReportデータページ用のCreditCheckコネクターを設定し、エラーを検出して応答データトランスフォームから再利用可能なエラー処理データトランスフォームを呼び出し、すべてのエラーが検出済みでエラー処理データトランスフォームで処理済みであることを検証します。 

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB rules
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 CreditCheckコネクターを使用してD_CreditReportデータページを取得する

  1. Data Explorerで、「D_CreditReport」データページを開きます。

  2. 「Definition」タブの「Data sources」セクションで、データシミュレーションを無効にします。
    data-sources-check
  3. Request Data Transform」フィールドで「Parameters」をクリックし、「Pass current parameter page」が選択されていることを確認して、TIN(納税者番号)がリクエストデータトランスフォームに渡されることを確認します。

    passParams
  4. Response Data Transform」フィールドで「Parameters」をクリックし、「Pass current parameter page」が選択されていることを確認して、Case IDが応答データトランスフォームに渡されることを確認します。
  5. 「D_CreditReport」データページを保存します。

2 再利用可能なエラー処理データトランスフォームの作成

  1. 標準「pxErrorHandlingTemplate」データトランスフォームを開きます。

  2. 最上位クラスであるTGBに、「ErrorHandlingMaster」という名前の「pxErrorHandlingTemplate」データトランスフォームのコピーを作成します。

  3. 「Parameters」タブで、ケースID用に「pyCaseID」という名前のパラメーターを定義します。

  4. 必要に応じて「pyCaseID」パラメーターをマークします。

    pyCaseID
  5. 「Definition」タブで、ステップ2を右クリックして「Enable」を選択し、pxGetPageMessages関数を使用してメッセージを取得します。
  6. ステップ4を右クリックして「Enable」を選択し、このステップでカスタムエラーメッセージを追加する前にpxClearMessages関数を使用してデータページのメッセージをクリアします。
  7. ステップ6を右クリックして「Enable」を選択し、pxAddMessageToPage関数を使用してErrorMessage入力パラメーターをメッセージとして追加します。
  8. ステップ8を右クリックして「Enable」を選択し、pxLogMessage関数を使用してログファイルにメッセージを書き込みます。
  9. ステップ8「Source」フィールドに、「@(Pega-RULES:Default).pxLogMessage(param.getMessage + " for case number " + param.pyCaseID)」と入力します。
    補足: 関数が何も返さない場合や、応答に興味がない場合でも、常にターゲットを指定する必要があります。
  10. ErrorHandlingMasterデータトランスフォームを保存します。

    definitionList

3 「ErrorHandlingMaster」を使用した「CreditCheckResponse」データトランスフォームの設定

  1. 「D_CreditReport」データページで、「CreditCheckResponse」データトランスフォームを開きます。

  2. ステップ2を右クリックし、「Enable」を選択して、ルールが呼び出された場合にpxDataPageHasErrorsがエラーをチェックするようにします。

    pxDataPage
  3. 「CreditCheckResponse」データトランスフォームを設定し、エラーが発生した場合、「pxErrorHandling」データトランスフォームの代わりに「ErrorHandlingMaster」を適用します。

  4. 歯車アイコンをクリックし、「ErrorHandlingMaster」データトランスフォームに入力パラメーターを指定します。

    paramList
  5. 「pyCaseID」入力パラメーターフィールドに「param.CaseID」と入力します。

    pyCaseIDwithParams
  6. 「CreditCheckResponse」データトランスフォームを保存します。

4 UIでのエラーメッセージの設定

  1. アプリケーションエクスプローラーのCandidateケースタイプで、「User Interface > Section > BackgroundCheck_0 」セクションをクリックして、「BackgroundCheck_0」セクションルールを開きます。

  2. 「Section - Credit report」をクリックし、「BackgroundCheck_0_CreditReport」セクションルールを開きます。

    sectionRule
  3. 「Template configuration」メニューで、「Add」>「Data display」>「Label」をクリックし、ダイナミックレイアウトにラベルを追加します。

    sampleLabel
  4. ダイナミックレイアウトで、新しいラベルフィールドをクリックして、新しいラベル用セルプロパティを設定します。
  5. 以下の情報を使用して、「General」フォームを入力します。

    プロパティ
    Value Credit Check unavailable: contact your system administrator
    Visibility Condition (when rule)
    Condition for visibilty hasMessages
  6. 「BackgroundCheck_0_CreditReport」セクションルールを保存します。

作業の確認

補足: このチャレンジを始める前に「データアクセスパターンの設定」の課題を完了された場合、シミュレーションが有効になっている可能性があります。 次に進む前に、CreditCheckコネクターのシミュレーションを無効にしてください。
  1. ユーザーポータルで、Candidateケースを作成します。
  2. 「Submission」ステージを完了します。

    補足: ステップを完了するために、任意の値を指定することができます。 このチャレンジには影響を与えません。
  3. 「Conduct phone screen」ビュー表示で、「Submit」をクリックして、ケースを「Approval」アサインメントに進めます。

  4. 「Approval」ビューで、「Approval」をクリックして、ケースを[バック「Background check」アサインメントに進めます。

  5. Background check」アサインメントの右側で、「Go」をクリックしてバックグラウンドチェックを開始します。
    補足: このチャレンジのSOAPコネクターは、常にエラーを生成するように構成されています。
  6. 「Credit Check unavailable: contact your system administrator」メッセージは、システムがエラー処理データトランスフォームを実行したことを示します。

    errorMessage
  7. Dev Studioの「Configure」メニューで、「System > Operations > Logs」の順にクリックしてシステムのログを表示します。

  8. 「Log files」をクリックして、 Logs Filesウィンドウを開きます。
  9. 「PegaRULES.log」をクリックして、「PegaRules」ログを開きます。

  10. ログファイルを最後までスクロールして、エラーメッセージの詳細を確認します。

    Error handler message
    ヒント: エラーの内容を確認するには、ログファイルをCase IDで検索します。


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice