Skip to main content

チャレンジ

ルールレゾリューションを設定する

3 タスク

25 分

Visible to all users
中級 Pega Platform 8.6 Dev/Designer Studio 日本語

シナリオ

人事部(HR)のビジネスパートナーは、TGBの従業員に代わって、給付登録や従業員評価のケースを作成します。 各ケースが適切な従業員に作成されていることを確認するために、人事部のビジネスパートナーは、各ケースタイプの従業員情報のヘッダー領域を、オンボーディングケースに使用されるヘッダーと一致させることを依頼しています。

「Onboarding」ケースタイプから「EmployeeInformation」セクションのコピーをクラスグループ(TGB-HRApps-Work)に保存し、HRApps:01-01-02ルールセットに追加します。

「Benefits Enrollment」、「Employee Evaluation」、および「Onboarding」ケースタイプで、「EmployeeInformation」セクションを取り下げます。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB rules
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 「EmployeeInformation」セクションレコードを新しいコンテキストにコピーする

  1. 「Onboarding」ケースタイプで、EmployeeInformation セクションを開きます。
    ヒント: セクションレコードは、「User Interface」カテゴリーにあります。 App Explorerで、Onboarding > User Interface > Sectionを展開します。
  2.  「EmployeeInformation」セクションのコピーを保存し、レコードのコンテキストをTGB-HRApps-WorkクラスとHRApps:01-01-02ルールセットに設定します。
    Save a copy of Employee Information section to the Work class

2 「Benefits Enrollment」、「Employee Evaluation」、および「Onboarding」ケースタイプで、「EmployeeInformation」セクションレコードを取り下げます。

  1. 「Onboarding」ケースの「EmployeeInformation」セクションレコードの別のコピーを保存し、レコードのコンテキストをTGB-HRApps-Work-OnboardingクラスとHRApps:01-01-02ルールセットに設定します。
    ヒント: HRApps:01-01-01はロックされたルールセットであるため、可用性をWithdrawnに変更できるように、「Onboarding」ケースタイプの「EmployeeInformation」セクションとHRApps:01-01-02ルールセットのコピーを保存する必要があります。
  2. ルールヘッダーで、Available をクリックし、EmployeeInformationレコードの可用性を編集します。
    Click Available in the rule header
  3. レコードの可用性をWithdrawnに設定します。 新しいバージョンを取り下げると、Pega Platform™はロックされたルールセット内のルールのバージョンを使用できなくなるため、Pega Platformは代わりにTGB-HRApps-Workクラスでバージョンを使用します。
  4. OK をクリックして、セクションの可用性を更新します。
  5. 保存してセクションルールをチェックインします。 TGB-HRApps-Work-Onboardingで「EmployeeInformation」セクションレコードは取り下げられました。
    Employee Information section in the Onboarding case type Withdrawn
  6. 「Employee Evaluation」ケースタイプで、EmployeeInformation セクションを開きます。
  7. 手順1~5を繰り返し、「EmployeeInformation」セクションのコピーをHRApps:01-01-02 ルールセットのTGB-HRApps-Work-EmployeeEvaluationクラスに保存して、可用性をWithdrawnに設定します。
    Employee Information section in the Employee Evaluation case type Withdrawn
  8. 「Benefits Enrollment」ケースタイプで、EmployeeInformation セクションを開きます。
  9. 手順1~5を繰り返し、「EmployeeInformation」セクションのコピーをHRApps:01-01-02 ルールセットのTGB-HRApps-Work-BenefitsEnrollmentクラスに保存して、可用性をWithdrawnに設定します。
    Employee Information section in the Benefits Enrollment case type Withdrawn

3 作業の確認

  1. 新しい「Onboarding」ケースを作成します。
  2. 「Onboarding」ケースを Identify Home Officeビューに進めます。
  3. Live UI を使用してEmployeeInformation セクションに埋め込まれたダイナミックレイアウトを選択します。
    Live UI to select a dynamic layout in the Identify Home Office view
  4. 右側のコンテキストのLive UIペインの階層で、最上位のEmployeeInformation セクションを選択します。
  5. 「Open」アイコンをクリックし、レコードを開きます。
    Top-level EmployeeInformation section in the Live UI pane
  6. 「EmployeeInformation」セクションレコードのコンテキストが、TGB-HRApps-Workクラスで、かつHRApps:01-01-02ルールセットであることを確認します。
    Employee information section in the Work class
  7. 新しい「Benefits Enrollment」ケースを作成し、そのケースをReview Selections ビューに進めます。
    ヒント: 「Onboarding」ケースを「Benefits Enrollment」ステージに進めると、「Benefits Enrollment」の子ケースが作成されます。
  8. 手順3~6を繰り返し、「EmployeeInformation」セクションレコードのコンテキストが、TGB-HRApps-Workクラスで、かつHRApps:01-01-02ルールセットにあることを確認します。
    Employee information section in the Work class
  9. 新しい「Employee Evaluation」ケースを作成し、そのケースをIdentify assessment period ビューに進めます。
  10. 手順3~6を繰り返し、「EmployeeInformation」セクションレコードのコンテキストが、TGB-HRApps-Workクラスで、かつHRApps:01-01-02ルールセットにあることを確認します。
    Employee information section in the Work class


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice