Skip to main content

チャレンジ

SOAPコネクターの作成

3 タスク

30 分

Visible to all users
中級 Pega Platform 8.6 データ統合 日本語

シナリオ

人事部(HR)のビジネスパートナーは、従来のアプリケーションを使用して、従業員が自宅近くで利用できる割引サービスを探しています。 このアプリケーションでは、割引サービスを見つけるために経度と緯度の値が必須です。 このレガシーアプリケーションを使用しやすくするために、人事部のビジネスパートナーから、HR Appsアプリケーションの機能を拡張して、指定された郵便番号の緯度と経度を特定したいという依頼がありました。

SOAP統合ルールを作成してSOAPコネクターを呼び出すデータページを設定する

  • SOAP統合ルールを作成し、郵便番号ルックアップサービスに接続します。
  • XMLパースルールを作成し、SOAPコネクターのレスポンスから緯度と経度の値を抽出します。
  • データページを作成して設定し、SOAPコネクターを呼び出します。
  • オプション:Location Lookupケースタイプを作成して設定し、データページを呼び出します。

以下の表は、チャレンジを完了するために必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB rules

    チャレンジ ウォークスルー

    このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

    起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

    詳細なタスク

    1 SOAP統合ルールを作成して郵便番号ルックアップサービスに接続する

    1. Dev Studioで、「Configure」>「Integration」>「Connectors」>「Create SOAP Integration」をクリックして、「New SOAP Integration」フォームを開きます。

    2. 「New SOAP Integration」フォームで、「Upload WSDL from URL」をクリックして、URLに接続するオプションを有効にします。
    3. 「Upload WSDL from URL」フィールドに、「https://graphical.weather.gov/xml/SOAP_server/ndfdXMLserver.php?wsdl」と入力します。

    4. 「Next」をクリックして「Select Operations」ステップに進みます。
    5. 有効化された操作のチェックボックスをすべて外し、「LatLonListZipCode」を選択して操作を有効にします。

      Creating the SOAP connector
    6. 「Next」をクリックして「Review」ステップに進みます。
    7. 「Name」フィールドに「LatLongLkp」と入力して、サービスにクラス名と識別子を指定します。
    8. 「Parent class」フィールドで、値がPegaHR-Intであることを確認します。
    9. HR Appsアプリケーションレイヤーを選択したことを確認します。
    10. Add to rulesetセクションで、「Existing」をクリックしてルールセット名およびバージョンオプションを有効にします。
    11. 可用性の最も高いHRAppsIntルールセットのバージョンを選択します。
      review screen
    12. 「Create」をクリックして、新しいSOAP統合に関連するすべてのルールを作成します。

    2 XMLパースルールを作成してSOAPコネクターのレスポンスから緯度と経度の値を抽出する

    ヒント: これで、XMLルールが受信したXMLレスポンスを解析する準備が整い、< latLonList>との間に含まれる情報を抽出することができます。
    1. Records Explorerで、「Integration-Connectors」>「Connect SOAP」をクリックし、SOAPコネクタールールインスタンスのリストを表示します。

    2. 「Service Name」列をフィルタリングして、新しく作成した「LatLonListZipCode」SOAPコネクターを検索して開きます。
    3. Request parametersRequestタブで、「.LatLonListZipCodeZipCodeList」プロパティを含む「Map from Key」フィールドが設定されていることを確認します。 
    4. 「Response」タブの「Response parameters」セクションにある、「Map to」リストで、「XML Parse Rule」を選択します。

    5. 「Map to key」フィールドに、ParseLatLongResponseXMLと入力し、新しい解析XMLルールの名前を指定します。

      Response xml
       
    6. 「ParseLatLongResponseXML」フィールドの横にある「Open」アイコンをクリックして、Parse XMLレコードを作成します。
    7. 「Root Element Name」フィールドに、「dwml」と入力し、サービスレスポンスでXMLルート要素を特定します。
    8. 「Add to ruleset」リストで、HRAppsIntおよび可用性の最も高いバージョンを選択します。
    9. Parse XMLルールを作成して開きます。
    10. 「Mapping」タブで、dwmlを選択し、「Add Element」をクリックして新しい子要素を追加します。 
      create-a-soap-connector-parse-xml
    11. 「_new_」要素をダブルクリックして、その要素の「User Data」ダイアログを開きます。
    12. 「Node Name」フィールドに「latLonList」と入力します。
    13. 「Property」フィールドに、「.LatLonListZipCodeListLatLonOut」を入力するか、選択します。
      create_a_soap_connector_nodename_details
    14. Parse XMLルールへの変更を保存します。
    15. LatLonListZipCodeConnect SOAPルールタブに戻ります。
    16. 「Response」タブの「Response parameters」セクションにある、「Map to key」フィールドで、「ParseLatLongResponseXML dwml」を新しい値として入力するか、選択します。
      response-parameters
    17. ワーニングセクションで、「Review/Editをクリックすると、ガードレールワーニングが表示されます。 
      guardrail warnings
      補足: ガードレールワーニングは、次のステップの設定で対処します。
    18. 「Service」タブのConnection セクションにあるService endpoint URLフィールドに「=D_pxGetApplicationSettingValue[OwningRuleset:PegaHR, Purpose:ServiceEndpointURL].pySettingValue」と入力します。

      データページD_pxGetApplicationSettingValueルールでは、「OwningRuleset」および「Purpose」の2つのパラメーターが必須です。

    19. 次の表で詳細を使用してResponse timeoutフィールドおよびAuthentication profileフィールドに手順18を繰り返します。
      OwningRuleset 目的
      PegaHR ResponseTimeout
      PegaHR AuthenticationProfile
      guardrail-correction
    20. SOAPコネクタールールを保存して、ワーニングがクリアされたことを確認します。

    3 データページを作成して設定し、SOAPコネクターを呼び出す

    1. Dev Studioで、「Create」>「Data Model」>「Data Page」をクリックして、「Data Page Record Configuration」フォームを起動します。
    2. 「Label」フィールドに「LatLongLookup」と入力します。
    3. 「Apply to」フィールドに「PegaHR-Int-LatLongLkp-ndfdXML」を入力するか、または選択し、SOAPコネクターと同じコンテキストにデータページを作成します。
    4. 「Add to ruleset」リストで、HRAppsIntおよび可用性の最も高いバージョンを選択します。
    5. データページを作成して開きます。
    6. 「Definition」タブの「Data sources」セクションの「Type」リストで、「SOAP」を選択します。
    7. 「Name」フィールドに、「LatLonListZipCode」を入力するか、選択します。
    8. 「Request Data Transform」フィールドに「LatLongRequest」と入力します。
    9. Open アイコンをクリックして、新しいデータトランスフォームを作成します。
      create_a_soap_connector_datapage_datasources
    10.  データトランスフォームを作成して開きます。
    11. 「Definition」タブで、以下のプロパティ値を使用して「Step 1」を設定します。
      プロパティ名
      Action Set
      Target .LatLonListZipCodeZipCodeList
      Relationship equal to
      Source Param.ZipCode
    12. データトランスフォームへの変更を保存します。
    13. 「Edit: LatLongLookup」データページタブに戻ります。
    14. 「Data sources」セクションの「Request Data Transform」フィールドで、「Parameters」をクリックします。
      create_a_soap_connector_datapage_datasources_parameters
    15. 「Parameters for LatLongRequest」ダイアログボックスで、「Pass current parameter page」を選択して、「Request」データトランスフォーム用のパラメーターを有効にします。
    16. 「Submit」をクリックします。
    17. 「Parameters」タブで、以下の情報を使用する新しいパラメーターを追加します。
      フィールド
      Name ZipCode
      Description Please enter a zip code for which you want to fetch latitude and longitude
      Data type string
      Required Yes
      In/Out In
    18. 「Load Management」タブで「Limit to a single data page」を選択します。
    19. データページへの変更を保存します。

    作業の確認

    1.  D_LatLongLookupデータページを開きます。
    2. 「Actions」>「Run」をクリックして、データページを実行します。
    3. 「Run」ウィンドウの「Value」フィールドに、「ZipCode」パラメータの値として「02142」と入力します。
      補足: Value 」フィールドには、有効な米国の郵便番号を入力することができます。
    4. 「Run」をクリックします。
    5. LatLonListZipCodeListLatLonOutプロパティが、指定された郵便番号の緯度と経度の座標値を返すことを確認します。
      create_a_soap_connector_datapage_runresults

    オプション:データページを呼び出すには、Location lookupケースタイプを作成して構成します。

    1. XMLパースルールと同じクラスに新しいセクションを作成し、名前をLocationとします。
      ヒント: XMLパースルールのクラス名はPegaHR-Int-LatLongLkp-ndfdXMLです。
    2. Location セクションルールの中に、読み取り専用のプロパティとして.LatLonListZipCodeListLatLonOut を追加します。
       create_a_soap_connector_location_section_xmlfield_edited
       
    3. Locationケースタイプを作成し、「Create」ステージの名前を「Location Details」に編集します。
    4. Locationケースタイプを次の画像のように構成します。
      location case type
    5. 「Location information」ビューにZipCodeフィールドを追加します。
    6. Check location detailsセクションにボタン要素を追加し、「Refresh this section」アクションを構成して、セクションを更新し、.LatLonListZipCodeListLatLonOut プロパティ値を表示するように設定します。
      Check location details section
    7. LocationセクションをCheck location detailsセクション内に埋め込み、Pageコンテキストとしてデータページを使用し、パラメータ値として.ZipCodeプロパティを渡すように埋め込みセクションを構成します。
      ヒント: セクションを埋め込むには、Check location detailsセクションで、「Add new」>「Advanced」>「Embedded section」をクリックします。
      create_a_soap_connector_datapage_embeded_section
    8. Locationケースタイプのインスタンスを作成し、作業を確認します。
    9. 「Location information」ページで郵便番号を入力し、「Check」をクリックしてセクションを更新し、LatLongListZipCodeListLatLonOutプロパティ値を表示します。

      create_a_soap_connector_datapage_verification

     



    下記のミッションにも含まれています。

    トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

    このコンテンツは役に立ちましたか?

    改善できるところはありますか?

    We'd prefer it if you saw us at our best.

    Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

    Close Deprecation Notice