Skip to main content

Application Settingsの管理

2 タスク

30 分

Visible to: All users
中級 Pega Platform '23 データ統合 日本語

シナリオ

開発中、人事部(HR)のビジネスパートナーは従来のアプリケーションと統合して、指定された郵便番号の緯度および経度を特定していました。 アプリケーションが開発環境からステージング環境へ、さらには本番環境へと移行すると、エンドポイントURLの更新が必要になります。

Application Settingsを使用して、SOAPコネクター統合設定のメンテナンスを簡素化し、エンドポイントURL、応答タイムアウト、および認証プロファイルのアプリケーション設定を実装します。 HRAppsアプリケーションを開発環境から本番環境に移行する際には、Application Settingsを設定することで統合設定を更新することができます。

補足: このチャレンジで使用されるSOAPコネクターURLは、開発フェーズ全体で同じであるため、この演習で使用されるエンドポイントURLは変更されません。
  • Categoryを作成して、統合設定のグループを管理します。
  • Application Settingsを作成し、エンドポイントURL、応答タイムアウト、および認証プロファイルを保存します。
補足: 作成したApplication Settingsは、後のチャレンジでガードレールワーニングを防ぐために使用されます。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB pega123!
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

チャレンジ ウォークスルー

詳細なタスク

1 Categoryの作成

  1. チャレンジのPegaインスタンスに、以下のログイン情報を入力します。
    1. User nameフィールドに「SSA@TGB」と入力します。
    2. Passwordフィールドに「pega123!」と入力します。
  2. Dev Studioのヘッダーで、Create > SysAdmin > Category をクリックしてCategoryを作成します。
  3. Short description テキストボックスで、緯度と経度を特定するためのSOAPコネクターと入力します。
  4. Name フィールドに、「SOAPコネクター」と入力します。
  5. Create and openをクリックして、Categoryを開きます。
  6. Categoryを保存します。

2 Application Settingsの作成

  1. Create > SysAdmin > Application Settings をクリックして、Application Settingsレコードを作成します。
  2. Label フィールドに、「Service endpoint URL」と入力します。
  3. Owning Rulesetフィールドに、「PegaHR」と入力します。
  4. Add to rulesetフィールドに、「HR Apps」を選択し、ルールセットの中で最も可用性の高いロック解除バージョンのルールセットを選択します。
    Application settings record configuration
  5. Create and openをクリックしてApplication Settings画面を開きます。
  6. Category フィールドで、下矢印キーを押して、リストからSOAP connectorを選択します。
  7. 2- Development 3 - Quality assurance4 - Staging5 - ProductionValue フィールドに、https://graphical.weather.gov:443/xml/SOAP_server/ndfdXMLserver.phpと入力します。
    Application settings value types
    補足: 指定された値を異なる環境用に変更する場合は、本番レベルの値を編集することができます。 
  8. Application Settingsへの変更を保存します。
  9. 手順1〜8を繰り返し、次の表にある詳細を含む新しい2つのApplication Settingsを作成します。
    ラベル 本番レベル用の値
    Response timeout 120000
    Authentication profile

作業の確認

  1. Pega-RulesEngineの「D_pxGetApplicationSettingValue」データページを開きます。
    補足: Dev Studioのヘッダーの右側にある検索フィールドに「D_pxGetApplicationSettingValue」 と入力し、検索アイコンをクリックして利用可能なアイテムを表示します。
  2. 「Actions」>「Run」とクリックして「Run 」ウィンドウを開きます。
  3. OwningRuleset フィールドに、「PegaHR」と入力します。
  4. Purpose フィールドに、「ServiceEndpointURL」と入力します。
  5. 「Parameters」の下にある「Flush all instances of this page before execution」チェックボックスにチェックを付け、古いデータをシステムキャッシュからクリアします。
  6.  ウィンドウヘッダーにある「Run」をクリックして、データページをテストします。
  7. Run ウィンドウのResultsセクションで、pySettingValueフィールドの値が「https://graphical.weather.gov:443/xml/SOAP_server/ndfdXMLserver.php」であることを確認します。
    D_pxGetApplicationSettingValue data page results
  8. 手順3~7を繰り返し、次の表の詳細情報を使用して、「pySettingValue」の値を確認します。
    Purpose pySettingValue
    ResponseTimeout 120000
    AuthenticationProfile  

このチャレンジは、下記のモジュールで学習したことを実践するための内容です。


このモジュールは、下記のミッションにも含まれています。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice