Skip to main content

ダッシュボード

ダッシュボード

デフォルトでPega Platform™には、2つの最も一般的なロール(役割)であるケースマネージャーとケースワーカー用の2つのロールベースのインターフェイスが含まれています。 ロールベースの各インターフェイスには、そのロール向けにカスタマイズされたダッシュボードが含まれます。 ダッシュボードは、割り当てアイテムの数やケースの完了にかかる平均時間などを含む、アプリケーションに関する運用情報と主要業績評価指標(KPI)を表示します。 ケースマネージャーのロールのユーザーがPega Platformアプリケーションにログインすると、ケースマネージャーが作業を完了するために必要な情報が含まれた、ケースマネージャーのロール用にカスタマイズされたダッシュボードが表示されます。 たとえば、オープンのケース数や、自身に割り当てられ期限切れのアサインメントなどが表示されます。 特定のロールに必要な情報のみが含まれたダッシュボードは、生産性の向上に役立ちます。

dashboard

ダッシュボードの構成

ダッシュボードのレイアウトは、ワークスペースをスロットに分割するテンプレートで定義されます。 スロットは1つ以上のウィジェットのコンテナで、ウィジェットは、アプリケーションやKPIに関する情報を表示するユーザー インターフェイスの要素です。 たとえば、右列のテンプレートには2つの縦のスロットが含まれます。 左のスロットには、ケースライフサイクルとワークリスト ウィジェットが含まれます。右のスロットには、ケース マネージャー ショートカットのウィジェット、ケース ステータス ウィジェット、そしてチーム メンバー ウィジェットが含まれます。

次の図で「+」アイコンをクリックすると、ウィジェットの詳細が表示されます。

ダッシュボードのパーソナライズ

デフォルトのダッシュボードは、ユーザーのロールに基づいて割り当てられます。 開発者は、デフォルトのダッシュボードの変更をパブリッシュして、ロール向けのダッシュボードを設定できます。 次にエンドユーザーは、自身のロールに割り当てられた、パブリッシュ済みのデフォルト ダッシュボードにアクセスできます。

エンドユーザーは、自身のダッシュボード インスタンスに変更をパブリッシュして、デフォルト ダッシュボードをパーソナライズできます。 エンドユーザーが自身のダッシュボードをパーソナライズすると、開発者がデフォルト ダッシュボードにパブリッシュした変更でエンドユーザーのパーソナライズされたダッシュボードが上書きされたり、リセットされたりすることはありません。

Pega Platformは、開発者やエンドユーザーが異なる方法でウィジェットを整理できるさまざまなテンプレートを用意しています。 提供されているテンプレートではそれぞれスロット数やスロットの配置が異なります。テンプレートを交換したり、さまざまなスロットにウィジェットを追加したり、スロットからウィジェットを削除したりして、ダッシュボードをパーソナライズできます。

以下のテンプレートが用意されています。

dashboard templates
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice