Skip to main content

ユーザーとペルソナ

アプリケーションにはユーザーがいますが、すべてのユーザーが同じタスクを実行するわけではありません。 ロールを使用してアプリケーションのユーザーを整理し、アプリケーション セキュリティとアサインメントを管理します。

補足: ユーザーを適切なロールに割り当てることは、アプリケーションのセキュリティを保護するための一つの側面に過ぎません。 セキュリティに関するリーディングプラクティスの完全なリストについては、セキュリティチェックリスト認識向上モジュールおよびPega Platform™デプロイメントのためのセキュリティチェックリストを参照してください。

ロールとペルソナ

ロールは、ユーザーがアプリケーションを操作する方法を定義します。 ユーザーをロールに関連付け、ケースの処理に必要なタスクを実行する目的でユーザーが利用できるユーザーインターフェイス、ページ権限、ルーティングを決定します。 特定のロールに割り当てると、ユーザーはケース処理中に作業できるようになります。 ケース処理中に使用されるロールの例としては、顧客、ケースワーカー、マネージャー、監査人などが挙げられます。

補足: 開発者と管理者にも、それぞれの作業を実行するためのロールがありますが、これらのロールはケース処理には影響を及ぼしません。

Pega Platformでは、ユーザー インターフェイスはチャネル インターフェイスとも呼ばれます。 作業はワークキューにルーティングされます。ワークキューとは、ユーザーのグループのすべてのオープン アサインメントのリストです。 アサインメントとは、ユーザーが実行するタスクです。

たとえば、医療アプリケーションでは、患者と医師は異なるタスクを実行可能にする必要があります。 患者は記録を確認し、アポイントメントをスケジュールできます。 医師は、患者の診療記録を確認し、処方箋を記録し、検診後にフォローアップ コメントを追加できます。 適切なロールを指定された患者と医師が、正しいユーザー インターフェイスを表示し、適切なアプリケーション機能にアクセスできるように、異なるロールを定義します。

ペルソナ

ペルソナは、ロールに関するビジネス上の側面を表します。 顧客などの一般的なユーザーがアプリケーションを操作する方法という技術的な詳細のみを含むロールとは異なり、ペルソナはその一般的なユーザーの全体像を提供します。 たとえば、組織は、一般的な顧客を表すペルソナを定義できます。 アプリケーションユーザーの固有のニーズを組織が識別できるよう、それぞれのペルソナには固有の表現が加えられています。

補足: 組織は、顧客などの単一のロールに対して複数のペルソナを作成し、異なるマーケティングアプローチを反映させる場合がありますが、アプリケーションやケースデザインには影響しません。

次の図で「+」アイコンをクリックすると、異なるタイプのユーザーのインタラクションをペルソナがどのように把握することで、ケースやアプリケーションのデザインに影響を及ぼしているかを確認できます。

アプリケーションを作成する際、Pega Platformが提供するデフォルトのペルソナはユーザーです。 ユーザーとは、ケースを作成したり解決したりする責任を負うケース参加者です。 チャネルのインターフェイス、責任、権限、ルーティングなどのユニークな組み合わせにより、既存のペルソナと区別する必要がある場合には、追加のペルソナを作成します。 新しいペルソナを作成すると、Pega Platformによりペルソナのデフォルトの権限とワークキューが作成されます。 権限やワークキューの変更、専用のチャネルインターフェイスの作成およびカスタマイズができます。

ペルソナを、そのペルソナのニーズを最もよく満たすチャネルインターフェイスに結びつけます。 必要に応じて、複数のペルソナが1つのチャネルインターフェイスを共有できます。 例えば、お客様のペルソナは、インターフェイスとしてウェブマッシュアップとモバイルアプリを挙げています。 ユーザーのペルソナには、ユーザーポータルチャネルがインターフェイスとして表示されています。これは監査人、マネージャー、地域マネージャーのペルソナと共有されます。 ウェブマッシュアップやモバイルアプリのインターフェイスをカスタマイズすることで、ビジネスユーザーにより適したユーザーポータルインターフェイスのダッシュボードやその他の機能にアクセスできないよう設定できます。

Personas configured for an application, identifying the corresponding channels and case types for each

ユーザー

ユーザーとは、アプリケーションとやり取りする個人です。 メールアドレスと割り当てられたロールを使用してユーザーを作成します。 複数のユーザーが同じ方法でアプリケーションとやり取りする場合には、複数のユーザーが同じロールに関連付けられます。 たとえば、保険契約管理アプリケーションを使用するすべての顧客は、顧客というロールに関連付けることができます。 

Application users, organized by role/persona

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 50% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice