Skip to main content

チャレンジ

Pega API を使用した Pega アプリケーションへのアクセス

1 タスク

10 分

Visible to all users
中級 Pega Platform 8.6 データ統合 日本語

シナリオ

IT部門では、ユーザーが社内ポータルで作業できる機能を追加しています。 彼らは、TGB内の空きポジションをポータルユーザーに表示するための要件をサブミットしました。 あなたは、HRAppsアプリケーションに対するAPIコールのテストを割り当てられました。

Pega APIランディングページを使用して、データページ「D_PositionsList」を照会し、すべての空きポジションのリストを返します。

補足: この演習では、外部アプリケーションを開発する方法については説明していません。 この目標は、Pegaアプリケーションへのアクセスに必要なHTTPクエリーと、その結果としてのJSONレスポンスを示すことです。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB rules
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 Pega APIを使用したPegaアプリケーションへのアクセス

  1. App Studioで、「Channels」>「API」をクリックしてPega APIランディングページを開きます。
    channelsAPI
    補足: Pega APIでは、Pega APIサービスを通した安全なアクセスを可能にするために、デフォルトでTLS/SSLが必須です。 演習環境では、TLS/SSLを無効にすることで、HTTPSプロトコルを使用する必要がなくなります。 TLS/SSLを無効にするのは、本番以外の目的やトレーニング目的の場合のみにする必要があります。
  2. 「Application」カテゴリーの「Data」セクションで、/data/{ID}の右側にある「Get data view contents」をクリックしてデータページを照会します。
    Pega API
  3. 「Value」フィールドに「D_PositionList」と入力し、すべての空きポジションのリストを表示します。
  4. 「Try it out!」をクリックし、データページからデータを取得します。
  5. ログイン情報を入力するよう求められた場合は、ユーザー名ssa@tgbおよびパスワードrulesを入力します。
  6. ランディングページの「Response Body」セクションの結果発生するJSONレスポンスを観察します。 「pxResults」の下には、利用可能なポジションが表示されます。
    Body results
補足: JSONレスポンスは読み取りにくい可能性があります。 読み取りやすくするために、ブラウザー用のJSONビューアプラグインをダウンロードしてみてください。 


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice