Skip to main content

複数の変数に対する状況ルール

Archived

3 タスク

30 分

Visible to: All users
中級 Pega Platform 8.6 Dev/Designer Studio 日本語
This content is now archived and is no longer updated. Progress is not calculated. Pega Cloud instances are disabled, and badges are no longer awarded. ここをクリックして to continue your progress in the latest version.

シナリオ

オンボーディングプロセスの一環として、TGBでは、新入社員と請負業者のそれぞれに雇用開始日を記載したメールを送信しています。 このメールでは、従業員や請負業者がTGBに入社した初日に特定の書類を持参することも通知しています。 人事部(HR)のビジネスパートナーは、従業員が初日に適切な書類を持参するよう指示するために、国や従業員のステータスによってメールをカスタマイズする必要があると考えています。

ウェルカムメールを.pyCountryCode.Contractorの2つのプロパティに対応させます。 以下の表に示すように、3つのバージョンで対応するウェルカムメールを作成する必要があります。

請負業者 国コード 関連文書
true USA 1099
false USA W4
false GBR P45
補足: 関連する税務文書を使用し、自国の条件に合わせてカスタマイズすることも可能です。
  • 国コードと請負業者のプロパティを使用した状況テンプレートの作成
  • シナリオごとに状況定義を作成する
  • 一連の条件ごとにウェルカムメールを対応させ、それぞれの条件に合わせた適切な税務文書を参照する

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB rules
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

 

チャレンジ ウォークスルー

詳細なタスク

1 状況テンプレートを作成する

  1. Dev Studioの「Application Explorer」で「Onboarding」ケースタイプを右クリックし、「Create」>「Technical」> 「Circumstance Template」を選択します。
  2. 以下の情報を使用して状況テンプレートを作成します。

    プロパティ
    Label ContractorStatusAndCountry
    Apply to TGB-HRApps-Work-Onboarding
  3. 次の画像に表示したように、状況テンプレートを設定します。
    Circumstance Template
  4. 状況テンプレートの変更を保存します。

2 状況定義を作成する

  1. Application Explorer」で「Onboarding」ケースタイプを右クリックし、「Create」>「Technical」>「Circumstance Definition」を選択します。

  2. 以下の情報を使用して状況定義を作成します。

    プロパティ
    Label USContractor
    Template Name ContractorStatusAndCountry
    Apply to TGB-HRApps-Work-Onboarding
  3. Contractorの値をtrueに設定し、Country by Codeの値を"USA"に設定します。

    circumstance-multiple-variable-definition
  4. 状況定義への変更を保存します。
  5. 以下の情報を使用して2つ目の状況定義を作成します。

    プロパティ
    Label USEmployee
    Template Name ContractorStatusAndCountry
    Apply to

    TGB-HRApps-Work-Onboarding

    Definition

    請負業者=false

    国コード="USA"

  6. 以下の情報を使用して3つ目の状況定義を作成します。

    プロパティ
    Label GBEmployee
    Template Name ContractorStatusAndCountry
    Apply to TGB-HRApps-Work-Onboarding
    Definition

    請負業者=false

    国コード="GBR"

3 メールの対応

  1. Onboarding」ケースタイプを開きます。
  2. Send Welcome Packet」ステップを選択して、ウェルカムメールの送信に使用される対応を識別します。
  3. 十字アイコンをクリックして、WelcomeEmail対応テンプレートを開きます。
    correspondence-template
    ヒント: ポップアップで、最新の更新日時に基づいて古いWelcomeEmailルールを選択します。
  4. 「Save as」>「Specialize by circumstance」をクリックすると、状況に応じたバージョンの記録が作成されます。
  5. Template」フィールドに、「ContractorStatusAndCountry」と入力します。
  6. Definition」フィールドに、「USEmployee」と入力するか、選択します。
  7. 「Correspondence」ルールフォームを作成して開き、ウェルカムメールのテキストを編集します。
  8. 対応テキストの関連文書一覧にW-4を追加します。
    circumstance-multiple-variable-add-W4-correspondence
  9. コレスポンデンスルールへの変更を保存します。
  10. 手順4~9を繰り返して、USContractorとGBEmployeeの状況定義用にWelcomeEmail対応テンプレートをさらに2回特殊化させます。
  11. それぞれの状況に応じて、以下の情報を使用して対応テンプレートを変更します。
    環境 請負業者フォーム
    USContractor 従業員が1099フォームを持参するように指定します。
    GBEmployee 従業員がP45フォームを持参するように指定します。

作業の確認

  1. 新規の「Onboarding」ケースを作成します。
  2. 「Collect Employee Info」ステップでは、必須項目を入力し、「Contractor」を選択し、国コードに「USA」と入力します。
  3. ケースを「Select Seating Location」ステップに進めます。
    補足: ステップを完了するために、任意の値を指定することができます。 この入力は、この演習に影響を与えません。
  4. 添付されたメールを開き、その内容が状況に応じたバージョンのルールと一致していることを確認します。
    補足: メールの添付ファイルを表示するには、ケースを更新する必要がある場合があります。
    challenge-multi-circumstance-file-documents
     
    circumstance-multi-variable-challenge-email
  5. 追加のケースを作成して「従業員/USA」および「従業員/GBR」の条件をテストしましょう。


このモジュールは、下記のミッションにも含まれています。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice