Skip to main content

フローアクション事前処理および事後処理の構成

2 タスク

20 分

Visible to: All users
中級 Pega Platform 8.7 ケースマネジメント 日本語

シナリオ

現在、「Candidate」ケースタイプでは、仕事の応募者を代表する候補者ステークホルダーを作成し、この候補者ステークホルダーを「Screening」ステージの最初のケースに追加します。 候補者は、「Submission」ステージを通じて、ケースのステークホルダーではありません。 そのため、ケースが「Submission」ステージにある間、ユーザーは候補者にメールで連絡を取ることができません。

HRAppsアプリケーションの将来のリリースでは、「Submission」ステージの開始時に候補者が個人情報を提出した後で、ユーザーはケースを保存することができます。 この機能により、ユーザーは「Submission」ステージを完了していない候補者にメールで連絡を取ることができます。 この変更をサポートするために、アプリケーションを設定して「Submission」ステージを完了していないケースの候補者へのメール送信をサポートするよう人事部の副社長から依頼がありました。 

ユーザーが「Collect Personal Details」フォームをサブミットする場合に、候補者がケースにステークホルダーとして追加されるように、「Collect Candidate Details」プロセスを再設定します。 この変更を完了すると、「Create Candidate Party」プロセスは「Screening」ステージで必要なくなります。

  • 事後処理アクションとして「addWorkObjectParty」アクティビティを実行するように「Collect Personal Details」フローアクションを更新します。 次のアクティビティパラメーター値を使用します。

    パラメーター
    PartyRole Candidate
    PartyClass TGB-HRApps-Data-Candidate
    PartyModel NewParty
  • 「Create Candidate Party」プロセスを「Screening」ステージから削除します。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB pega123!
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

チャレンジ ウォークスルー

詳細なタスク

1 Collect Personal Detailsフローアクションの更新

  1. Dev Studioの「Candidate」ケースで、「Collect Candidate Details」プロセスをクリックします。
  2. 「Collect Personal Details」コネクターを右クリックし、「Open Flow Action」を選択して「CollectPersonalDetails_0」フローアクションを開きます。
  3. ルールフォームで、「Action」タブをクリックします。
  4. 「Post-Processing」セクションの「Run activity」フィールドで、「addWorkObjectParty」を選択します。
  5. パラメーター値を以下の表の以下の値に更新します。
    パラメーター
    PartyRole Candidate
    PartyClass TGB-HRApps-Data-Candidate
    PartyModel NewParty

    完了すると、セクションは以下の画像のようになります。

    addWorkObjectParty
  6. 変更を保存します。 ユーザーが「Collect Personal Details」フォームをサブミットする場合に、システムは候補者をケースに追加します。

2 「Create Candidate」プロセスを「Candidate」ケースライフサイクルの「Screening」ステージから削除する

  1. ケースライフサイクルの「Screening」ステージで、「Create Candidate Party」プロセスをクリックします。
  2. Deleteアイコンをクリックしてプロセスを削除します。
  3. ケースライフサイクルのヘッダーで「Save」をクリックします。 「Create Candidate Party」プロセスは、「Candidate」ケースタイプのライフサイクルから削除されます。
補足: ケースタイプで使用していたルールを削除する場合は、そのルールがアプリケーションの他の場所で使用されているかどうかを確認してください。 そのルールが使用されていない場合は、アプリケーションから削除することを検討してください。 ルールが以前のルールセットバージョンに存在する場合は、ルールを撤回してアプリケーションから削除する必要があります。

作業の確認

「Candidate」ケースを作成し、「Collect Professional Details」フォームに進めます。 フォームには、「Stakeholders」エリアに候補者が表示されます。


このチャレンジは、下記のモジュールで学習したことを実践するための内容です。


このモジュールは、下記のミッションにも含まれています。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice