Skip to main content

チャレンジ

設定ファイルを使用したソリューションのデプロイメント

3 タスク

20 分

Visible to all users
初級 Pega Platform 8.2 日本語

シナリオ

TrainingCertificationSlnが完了したら、今度はソリューションをパイロットグループにデプロイしてさらにテストできます。 パイロットグループのCRMアプリケーションのインストールパスは異なるため、正常に実行させるためにソリューションを調整する必要があります。 また、ビジネスおよびプロジェクトのニーズを満たすため、デプロイメントパッケージを作成する前に、特定のプロジェクトプロパティの設定と更新が必要です。

課題

ソリューションのこの部分では、以下のタスクを行います。

  • CRMPrjとMainPrjのパイロット設定プロジェクトファイルを作成します。
  • CRMPrj設定ファイルを更新し、CRM.osパスをProgram Files (x86)からProgram Filesに変更します。
  • この演習では、MainPrjプロジェクトの「Project Properties Deployment」タブで以下を入力します。
    プロパティ
    Deployment Version 1.0
    Include Assemblies True
    Include Run Settings False
    Increment Deployment Version True
    Create Deployment Package True
    Output Path bin\Pilot\
  • MainPrjソリューションのローカルのデプロイメントパッケージを作成し、パイロット用と汎用のパッケージが存在することを確認します。

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 パイロット設定ファイルの作成

  1. ソリューションエクスプローラーで、「MainPrj」を右クリックし、「Add」>「New Item」を選択して、「Add New Item」ウィンドウを表示します。
  2. 「Add New Item」」ウィンドウで、「Configuration」」を選択してアイテムをハイライトします。
  3. 「Add New Item」ウィンドウの「Name」フィールドに、「PilotConfig」と入力します。
  4. 「Add New Item」ウィンドウで「Add」をクリックしてウィンドウを閉じ、デザインエリアで設定ファイルを開きます。
  5. 手順1~4を繰り返し、PilotConfig設定ファイルをCRMPrjに追加します。
    deploy
  6. メニューバーから、「File」>「Save All」を選択してファイルを保存します。

プロジェクト設定ファイルへのプロパティ設定の追加

  1. ソリューションエクスプローラーで、「CRM.os」をダブルクリックし、デザインエリアでCRMアダプターを開きます。
  2. Object Hierarchyで、「CRM」を選択し、「Properties」」ウィンドウを更新します。
  3. 「Properties」ウィンドウで、Pathプロパティを探します。
  4. Pathプロパティで、プロパティを右クリックして、「Configure」を選択し、「Property Configuration」ウィンドウを開きます。
    path
  5. 「Property Configuration」ウィンドウで、「New 'Path' property value」フィールドをクリックします。
  6. 「New 'Path' property value」フィールドに、「C:\Program Files\Pegasystems\CRMSetup\CRM.exe」と入力します。
    program files
  7. 「Property Configuration」ウィンドウで、「OK」をクリックして変更内容を設定ファイルに保存します。
  8. デザインエリアで、「PilotConfigu.os*」タブをクリックして新しいパスの値を確認します。 「Properties」ウィンドウの値は、引き続きC:\Program Files (x86)\Pegasystems\CRMSetup\CRM.exeと表示されます。
    crm path
  9. メニューバーで、「File」>「Save All」を選択して新しいプロパティ設定を保存します。

2 デプロイメントのためのプロジェクトプロパティの更新

  1. ソリューションエクスプローラーで、「MainPrj」を右クリックして、「Properties」を選択し、デザインエリアに「MainPrj Properties」を開きます。
  2. 「MainPrj Properties」ウィンドウで「Deployment」をクリックし、デプロイメントプロパティにアクセスします。
  3. 「MainPrj Properties」ウィンドウの「Deployment」タブで、次の表の情報を使用してプロパティを変更します。
    プロパティ
    Deployment Version 1.0
    Include Assemblies True
    Include Run Settings False
    Increment Deployment Version True
    Create Deployment Package True
    Output Path bin\Pilot\
    deployment
  4. メニューバーから、「File」>「Save All」を選択してプロパティの変更内容を保存します。

3 ソリューションのデプロイメント

  1. メニューバーから、「Project」>「Deploy」をクリックして、「Deploy Project」ウィンドウを表示します。
    補足: 「Additional References」のリストは、お使いのシステムでは異なることがあります。
    menu
  2. 「Deploy Project」ウィンドウで、「Comment」フィールドをクリックし、「Created for pilot testing with new PilotConfig file」と入力します。
  3. 「Deploy Project」ウィンドウで「OK」をクリックし、デプロイメントプロセスを開始します。 プロセスが完了すると、「Deployment Status」ウィンドウが表示されます。
  4. 「Deployment Status」ウィンドウで、「OK」」をクリックしてステータスウィンドウを閉じます。
  5. デスクトップで、Windows Explorerを開きます。
  6. Windows Explorerで、C:\Users\{user id}\Documents\Pega Robot Studio\Projects\TrainingCertificationSln\MainPrj\bin\Pilotに移動します。

    Windows Explorerの「Results」フレームで、汎用とパイロット用に2組のファイルセットがあることに注目してください。

    pilot


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice