Skip to main content

チャレンジ

Pegaプラットフォームプロジェクトのサイジング

2 タスク

15 分

Visible to all users
初級 Pega Platform 8.6 ローコードアプリ開発 日本語

シナリオ

ロードサイドサポートアプリケーションで作業を始める前に、利害関係者からプロジェクトの規模と範囲について見積もりを出すようリクエストがありました。 この見積もりは、スタッフのモデルを検討し、おおよその納期を提示するために使用されます。 Case Designerを使用して、Assistance RequestおよびServiceのケースタイプに関連するチャネルとデータオブジェクトにリリースをアサインします。 次に、Estimatorツールを実行して、MLP 1リリースのサイジング予測を計算します。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 Password
アプリケーションデベロッパー author@gogoroad pega123!
補足: 練習環境では、複数の課題の完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 リリースをチャネルにアサインする

  1. App Studioのナビゲーションペインで、Case types > Assistance Requestをクリックして、「Assistance Request」ケースタイプを開きます。
  2. CreateステージのPersonas & Channelsで、CSRペルソナ向けにUser Portal をクリックします。
  3. 「Channel Properties」ペインのReleaseリストでMLP 1を選択します。
  4. ComplexityリストでOOTBを選択します。
    channel-configuration
  5. 手順2〜4を繰り返し、次の表に示す値を使用して残りのチャネルを更新します。 
    注: Serviceケースタイプに変更を実装する前に、Assistance Requestケースタイプへの変更を保存します。 
    ケースタイプ ステージ ペルソナ ポータル リリース 複雑さ 完了としてマーク
    Assistance Request Create User User Portal MLP 1 OOTB  
    Assistance Request Create User User Mobile App MLP 2 Medium  
    Assistance Request Validation User User Portal MLP 1 OOTB  
    Assistance Request Service User User Portal MLP 1 OOTB  
    Assistance Request Resolution User User Portal MLP 1 OOTB  
    Assistance Request Approval Rejection CSR User Portal MLP 1 OOTB  
    Assistance Request Approval Rejection User User Portal MLP 1 OOTB  
    Assistance Request Approval Rejection User User Mobile App MLP 2 Medium  
    Service Service CSR User Portal MLP 1 OOTB x
    Service Service Service provider User Portal MLP 1 OOTB x
  6. Saveをクリックします。
ヒント: 複雑さとは、チャネルを実装するために開発チームがどれだけの時間を必要とするかを示しています。 チャネルの実装には、ペルソナがチャネルの使用を開始するために必要なすべてのアクションを完了することが含まれます。 OOTBペルソナやチャンネルであっても、完了としてマークする前に、詳細な設定とテストが必要です。

2 リリースをデータオブジェクトにアサインする

  1. Assistance requestケースタイプのCreateステージにあるData & Interfacesの下のCustomerデータオブジェクトで、Pegaをクリックします。
  2. 設定ペインで、Readチェックボックスを選択します。
  3. System detailsセクションで、Existing APIチェックボックスを選択します。
  4. ReleaseリストでMLP 1を選択します。
  5. ComplexityリストでLowを選択します。
    data-object-configuration
  6. 手順2〜5を繰り返し、次の表に示す値を使用して残りのデータオブジェクトを更新します。 
    注: Serviceケースタイプに変更を実装する前に、Assistance Requestケースタイプへの変更を保存します。 
    ケースタイプ ステージ データオブジェクト データソース 読み取り 書き込み 既存API リリース 複雑さ 完了としてマーク
    Assistance Request Create Service Address Pega       MLP 1 Low  
    Assistance Request Create Vehicle information Pega       MLP 1 Low  
    Assistance Request Create Payment information Pega       MLP 1 Low  
    Assistance Request Service Service provider Pega x   x MLP 1 Low  
    Assistance Request Resolution Services offered Pega       MLP 1 Medium  
    Assistance Request Approval Rejection Customer Pega   x x MLP 1 Low  
    Assistance Request Approval Rejection Payment information Pega       MLP 1 Low  
    Service Service Services offered Pega x   x MLP 1 Low x
  7. Assistance requestケースタイプの作成ステージのNHTSA Modelデータオブジェクトで、Pegaをクリックします。
  8. 「Configuration」ペインのSelect systemリストでCreate newを選択します。
  9. Nameフィールドに「NHTSA vPIC」と入力します。
  10. Submitをクリックします。
  11. 次の表に示す値を使用して、NHTSA Modeデータオブジェクト更新します。 
    ケースタイプ ステージ データオブジェクト データソース 読み取り 書き込み 既存API リリース 複雑さ 完了としてマーク
    Assistance Request Create NHTSA Model data NHTSA vPIC x   x MLP 1 High  
  12. Saveをクリックします。
 

作業の確認

  1. App Studioのナビゲーションペインで、Overviewをクリックします。
  2. Application overviewセクション内の「Application profile」でManageクリックすると、Application profileランディングページが開きます。
    application-profile
  3. Estimatorタブを選択します。
  4. ReleaseリストでAllを選択します。
  5. DeliveryリストでScrum/Agileを選択します。
  6. Number of teamsフィールドに、1と入力します。
  7. Scrum maturityリストでMediumを選択します。
  8. Staffing modelリストでCo-productionを選択します。
  9. EnvironmentリストでPega cloudを選択します。
  10. Organization complexityリストでLowを選択します。
  11. Data import effortリストでLowを選択します。
  12. 「Calculate estimate」をクリックすると、すべてのリリースの見積もりサイズが表示されます。
     
    Sizing a Pega project Estimator screenshot
補足: リリースの見積もりサイズは、Estimatorツールで選択された値に基づいて、アプリケーションによって異なる場合があります。


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 50% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice