Skip to main content

モジュール

UseKeysプロパティ

3 トピック

20 分

Visible to all users
初級 ロボティックオートメーション 日本語

ウェブとWindowsアプリケーションを使用していると、同じタイプのページやウィンドウが複数同時に表示され、基本的にそれぞれが互いのクローンであることがあります。 ユーザーは、プロセスを完了するためにはどのウィンドウにアクセスすべきかを簡単に判断できます。しかし、ロボティックソリューションは、データとオートメーションをスムーズに実行させ、データの整合性を維持するために使用すべきオブジェクトを判断する際に支援が必要です。 Pega Robot Studio™では、デベロッパーは類似したオブジェクトに一意のキーを割り当てて個々のオブジェクトを区別できます。

このモジュールを完了したら、以下の目的を達成できるようになります。

UseKeysロジックの実装を定義する。
インテロゲートされたオブジェクトにUseKeysプロパティを設定する。
オートメーションにおけるStudioの UseKey 値の適用方法を説明する。

下記のミッションにも含まれています。

Robotics System Architect

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice