Skip to main content
close Search
Close search

プロセスへの決定の追加

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ケースがたどる条件パスを提供し、柔軟で機敏なビジネスプロセスを実現しましょう。 ケースにデシジョンポイントを追加して、ビジネスプロセスで複数の結果をサポートし、変化し続けるビジネスニーズや環境に合わせてケースを調整できます。

Before you begin: プロセスを設定する:
  1. ケースライフサイクルのステージにプロセスを追加します。 詳細については、「Adding a process to a stage」を参照してください。
  2. プロセスのステップを定義します。 詳細については、「Adding a step to a process」を参照してください。
  1. App Studioのナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

  2. ケース作業エリアの「Workflow」タブで、「Life cycle」をクリックします。

  3. 「Case life cycle」セクションで、ステージ内のプロセスにポインターを合わせ、「Configure process」アイコンをクリックします。

  4. キャンバスの上で、「Add a flow shape」アイコンをクリックし、次に「Decision」をクリックします。

  5. デシジョンシェープで、「Decision」をクリックし、次にデフォルトのラベルを説明的な名前に交換します。

    For example: 承認または却下を示すデシジョンシェープで、「Approved?」と入力します。
  6. デシジョンシェープを、プロセスで判断が行われるキャンバス上の位置にドラッグします。

  7. デシジョンシェープをプロセスに繋げます。

    1. プロセスでデシジョンの前にあるシェープから、コネクターをデシジョンシェープにドラッグします。

    2. デシジョンシェープから、コネクターの終端を、キャンバス上のデシジョンの後のシェープの接続点にドラッグします。

    Note: コネクターが緑の場合に、デシジョンシェープが正しく機能します。
  8. デシジョンシェープをクリックします。

  9. 「Decision shape」プロパティパネルで、少なくとも1つ条件パスを定義します。

    選択肢 手順
    カスタム条件を作成
    1. 「When」リストで、「Custom condition」を選択します。

    2. 「Configure conditions」アイコンをクリックします。

    3. 「Configure condition」ウィンドウで、条件、コンパレータ、条件と比較する値を選択します。

      For example: ケースのステータスが「New」と等しい
    4. オプション:

      さらに条件を定義するには、「Add row」アイコンをクリックし、次にサブステップ9.cを繰り返します。

    5. オプション:

      条件をグループ化するため、リストからコンパレータを選択します。

      For example: 1つでも条件を満たす場合を設定するには、リストから「OR」を選択します。
    6. オプション:

      条件を将来再利用するには、「Actions」>「Add to when conditions library」をクリックします。

    7. 「Submit」をクリックします。

    既存条件の使用
    1. 「When」リストで、「Existing condition」を選択します。

    2. 条件のリストで、条件を選択します。

  10. 「Go to」リストで、ケースが定義した条件を満たした場合にプロセスが進むシェープを選択します。

  11. 「Otherwise go to」リストで、ケースが条件を満たさない場合にプロセスが進む代替のシェープを選択します。

  12. 「Save」をクリックします。

Note: 実行時、ケースが意思決定ポイントに達すると、システムは条件を評価します。 ケースが条件を満たすと、プロセスは定義したステップに移行します。 ケースが条件を満たさない場合には、システムはケースを代替のステップに移行します。

  • 決定ロジックのタイプ

    デシジョンシェープをフローに追加する際に、別のタイプのロジックを使用できます。 各タイプの固有な点を理解すると、より効果的に判断するフローを作成できます。

  • フローでの判断ロジックの変更

    プロセスに判断を実装する方法を変更できます。 判断ロジックを定義するために一連のwhen条件の代わりにルールを使用すると、複雑な判断をサポートしつつ保守しやすいケースを作成できます。

  • ステージに並列処理を追加する

    ステージに並列処理を追加することで、プロセスの実行時の順序を必要としないビジネスプロセスイベントをサポートします。

  • 複雑なシナリオで条件付きでプロセスを開始する

    プロセスで、1件のケースで複数の結果を出すことを実行するかどうかをコントロールできます。 デフォルトでは、ステージ内の連続プロセスと並列プロセスは常に実行されます。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 17% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice