Skip to main content

キーの適用

キーの適用

Pega Robot Studio™は、クローン可能なオブジェクトのコンテキストが存在する場合、常にキーを作成して使用します。 ここで言うコンテキストとは、複数のインスタンス(クローン)が発生するオブジェクトのインスタンスです。 たとえば、Object Explorerで参照されるCRMMDIchildオブジェクトはコンテキストです。

ルールのセットによりキーの作成と、コンテクスチュアルオブジェクトのキーの設定が判断されます。

  • インスタンスを作成するイベントがコンテキストを設定します。
  • コンテキストなしからコンテキストへのイベントはキー割り当てを必要とします。
  • コンテキストから子コンテキストへのイベントはキー割り当てを必要とします。
  • コンテキストから親コンテキストへのイベントはキー割り当てを必要としません。
  • 同じコンテキスト内のロジックはキー割り当てを必要としません。

Pega Robot Studioは、オートメーションを開発する際にルールの適用を支援します。 ルールと機能を関連付けるのは、オートメーションリンクです。 Pega Robot Studioがキールールを適用できるように、デザインブロック間のオートメーションリンクを関連付ける必要があります。 キーが必要な場合には、デザインブロックに構成のための新しいキーオプションが表示されます。

Apply key
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice