Skip to main content

Application Settings機能

アプリケーションは、稼働するまでに様々な環境を通過します。 一般的には、開発、ステージング、QA、そして本番環境を通過します。 通常、アプリケーションをあるサーバーや環境から別のサーバーや環境に移動する場合、アプリケーションに接続されている外部システム(エンドポイントURLやJNDIサーバーなど)への参照が変更されます。 これらの外部システムとの接続に必要な情報は、環境に応じて変更しなければなりません。

ある株式取引会社では、Pega Platform™アプリケーションが株価データのWebサービスを参照しており、ユーザーにメールで通知を送るためのメールサーバーを利用しています。

次の画像で「+」アイコンをクリックすると、Application Settingsが必要である理由がわかります。

前述の例では2つの設定しか説明されていませんが、アプリケーションには何十ものコネクターと設定情報が存在する可能性があります。 すべての異なるリソースを記憶し、それぞれの環境情報を別々に更新する必要はありません。 設定を1つや2つ見落として、アプリケーションの稼動が遅れてしまう恐れがあります。

Application Settings機能を使えば、設定を見落とすことなく、環境ごとに外部システムを参照することができます。 Application Settingsでは、環境に応じて変化する設定値を定義でき、統合ルールやデータインスタンスの更新は必要ありません。 Application SettingsのValueタイプは、text、boolean、enumerated list、またはclassです。

Application Settings

このパターンでは、ある環境から次の環境に変更できる値を持つ統合の環境設定を含む新しいApplication Settingを作成します。 そして、リソースでD_pxGetApplicationSettingValueデータページにアクセスして、これらの設定を読み込みます。

Application Settingsのカテゴリー化

Pega Platformアプリケーションは多くのアプリケーション設定を含むことができます。 カテゴリー化することで、開発者は関連するApplication Settingsをグループ化し、見つけやすく、目的を理解しやすくします。 カテゴリーは親カテゴリーを持つことができ、例えば「Security」のように、類似カテゴリーを目的別にグループ化することができます。

Application Settings creation

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice