Skip to main content

バックログの作成

バックログの説明

プロダクトバックログとは、プロジェクト固有のワークアイテムのうち、実装の候補となるものを大小問わず順番に並べたリストです。 スクラムの用語では、これらのアイテムはユーザーストーリーと呼ばれています。 Pega Express™では、ユーザーストーリーのグループ化を表すためにエピックという用語も使用しています。 

ユーザーストーリーやエピックでは、以下のようなさまざまなタイプのワークを取り扱います。

  • 新機能や機能拡張のアイデア
  • 注意が必要なアプリケーションの問題
  • 技術的な更新に対応するために必要なワーク  

ユーザーストーリーの詳細については、Pega AcademyのトピックUser story readiness(ユーザーストーリーの準備状況)を参照してください。

バックログの詳細

ケースタイプのバックログ(発見フェーズからの出力)は、プロジェクトのバックログの出発点として使用できます。 ユーザーストーリーやエピックになるアイテムの多くが、すでに文書化されています。  

また、デザインスプリントなどのデザイン戦略セッションの出力は、革新的なアイデアを生み出す豊かな源泉となります。 ケースタイプのバックログとデザインセッションの両方から得られた結果は、準備フェーズでプロジェクトのバックログに加えるために必要な入力となります。

準備フェーズでは、プロジェクトチーム(ビジネスチームとITチームのスタッフで結成)が協力してケースタイプのバックログに詳細を追加し、Pegaツールを使用して文書化されたケースタイプの大まかなドラフトを作成します。  この共同作業により、ケースタイプのステージと主要なステップが特定され、インターフェイスやペルソナなど、各ケースの詳細な側面がケースタイプに関連付けられます。 このように詳細な情報を得ることで、チームはビジネス上の成果を実現するために必要な機能に集中し、ワークの優先順位を決めるための基盤を作ることができます。

次の画像は、ケースタイプのバックログに記録された情報とデザインスプリントからの出力が、ドラフトのユーザーストーリーとエピックをバックログに追加するにあたってどのように役立つかを示しています。

Case Type Backlog

バックログを作成する上で重要な点は、それが時間の経過とともに変化する可能性があると理解しておくことです。 最初のドラフトには100%の詳細は要求されません。 チームは、時間をかけてより多くの情報を収集し、ユーザーストーリーの詳細を調べながら、バックログを仕上げていきます。 チームは、プロダクトオーナー、ビジネスアナリスト(BA)、リードシステムアーキテクト(LSA)、およびテスターからの意見を集めます。 バックログを作成するには、何が重要か、何を優先するか、そして各ユーザーストーリーをいつデリバーするかを理解するために、多様な視点が必要です。

ヒント: バックログの作成および情報追加には、共同作業が不可欠です。 ビジネスチームとプロジェクトチームのメンバー間の対話とディスカッションが、共通の理解を得るための鍵となります。

 

バックログの優先順位付け

バックログは進化し続け、時間の経過とともに変化していきます。 バックログに含まれるユーザーストーリーが最新のものであり、そのユーザーストーリーによって実現するビジネス価値に沿って優先順位が付けられていることを確認します。 新しいユーザーストーリーの優先順位が他のユーザーストーリーよりも高くなる場合もあります。また、一部のユーザーストーリーが置き換えられる場合もあります。 既存のユーザーストーリーが不要になり、削除されることがあります。 バックログの管理と優先順位付けは、プロジェクトのすべてのフェーズを通して継続的に行われるアクティビティです。 

Backlog Prioritization Techniquesに関する情報はPega Communityで公開されています。

バックログの作成と管理

プロダクトオーナーはバックログを所有します。 POはバックログを作成し、それを最新の状態に保ち、ユーザーストーリーの優先順位付けを行います。 プロジェクト開始時に、プロダクトオーナーとプロジェクトチームは、プロジェクトとアプリケーションのワークアイテムの管理方法について合意する必要があります。

優先順位を決定する際、プロダクトオーナーは広範なユーザーストーリーを持っています。 詳細を調べ、よく理解したストーリーは、開発フェーズに進めることができます。 ユーザーストーリーライフサイクルの初期ステージにあるストーリーもあります。 このようにユーザーストーリーは多様であるため、プロダクトオーナーは、バックログのストーリーに優先順位をつける際に、スプリント計画に適した短期的な目標と、詳細化の計画に適した長期的な目標の両方を考慮する必要があります。  

ヒント: 広い視野でバックログに取り組めば、チームは今すぐ要求されることに迅速に集中し、ビジネスニーズの変化に応じてアプリケーションの将来的な方向性の優先順位を変更できます。

このトピックは、下記のモジュールにも含まれています。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 50% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice