Skip to main content

クラスとクラス階層

クラス

Pega Platform™は、ケースタイプとアプリケーションの間でのルールの再利用を促進します。 デベロッパーは、単一のデータ要素からプロセス全体まで、アプリケーション内のルールを再利用することがよくあります。 ルールを再利用すると、アプリケーションの品質が向上し、開発時間も短縮されます。 アプリケーション内で、Pega Platformは、再利用の可能性に従ってルールをクラスにグループ化します。 各グループはクラスです。 各アプリケーションは3つのタイプのクラスで構成されます。

  • ワーククラスには、プロセス、データ要素、UIなど、複数のケースの処理方法を記述するルールが含まれています。
  • インテグレーションクラスには、アプリケーションを外部の顧客データベースやサードパーティのウェブサーバーに接続するインテグレーションアセットなど、アプリケーションが他のシステムとやり取りする方法を記述するルールが含まれています。
  • データクラスには、顧客データタイプや注文商品データタイプなど、アプリケーションで使用されるデータタイプを記述するルールが含まれています。
補足: App Studioでルールを作成すると、アプリケーションによって適切なクラスが識別されます。 

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

親クラスと子クラス

クラスには他のクラスを含めることができます。 別のクラスが含まれているクラスは親クラスと呼ばれ、別のクラスに含まれているクラスは子クラスと呼ばれます。 子クラスは、その親クラスに定義されているルールを再利用、つまり継承できます。

次の図で、「+」アイコンをクリックすると、親子クラスの詳細が表示されます。

補足: Dev Studio > App Explorerで、アプリケーションに含まれるクラスとリレーションシップを表示できます。 クラス階層と継承の詳細については、「Understanding class hierarchy and inheritance」を参照してください。

クラス階層

クラスは、アプリケーションアセットを整理するために、複数レベルのクラス階層に階層化されます。 クラスは、クラス階層内で、最も固有性の高いものから低いものへと編成されます。 クラス階層により、デベロッパーがアプリケーション内でルールを再利用する方法が決まります。 アプリケーションでは、クラス階層を介してアプリケーションがアクセスできるすべてのルールを使用できます。 アプリケーションでは、クラス階層からアクセスできないルールは使用できません。 

実行時に使用するルールを特定しようとすると、最も固有性の高いクラスから始まり、より一般的なクラスへと検索が拡大されます。

各クラスの名前によって、クラス階層内でのクラスの位置が識別されます。 TGB-IT-Workクラスについて考えてみましょう。 クラス階層の各レベルはハイフン(-)で区切られます。これは、TGB-IT-WorkTGB-ITクラスの子であり、TGB クラスの子であることを意味します。

次の図の「+」アイコンをクリックすると、クラス階層内のクラスのグループの詳細が表示されます。

補足: 組織のルール再利用の必要性をサポートするために、リードシステムアーキテクト(LSA)とプロジェクトリーダーは通常、アプリケーションを構築する前にクラス階層を設計します。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。


このトピックは、下記のモジュールにも含まれています。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice