Skip to main content

データページでのキーアクセスの設定

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

リスト構造データページの特定のページに対する即時アクセスを提供するには、キーアクセスを有効にします。 たとえば、特定製品に関する情報を保持するページが埋め込まれている製品リストに簡単にアクセスできます。

キーデータページを使用することで、1つはアイテムのリストを返す1ページと、もう1つのリスト内の1アイテムに関する情報を返すページ、という2つの別々のデータページを維持する必要がなくなります。

スレッドまたはリクエスタースコープを使用して、読み取り専用データページのキーアクセスを有効にできます。

  1. Dev Studioのナビゲーションパネルで「Records」をクリックします。

  2. 「Data Model」カテゴリーを展開し、「Data Page」をクリックします。

  3. データページをクリックして開きます。

  4. 「Definition」タブの「Keyed page access」セクションで、「Access pages with user defined keys」をクリックします。

  5. 「Page list keys」セクションで、「Add key」をクリックして、データページの1つ以上のキーを定義します。 下矢印キーを押してデータページのクラスのプロパティから選択するか、「Open」をクリックして新しいプロパティを作成します。

    例: .SupplierIDまたは.Industry
    1つのデータページで以下の2つの目的を果たすためには、ランタイムでデータページにすべてのキーを渡すか、または何もキーを渡さないようにします:
    • 含まれるすべてのアイテムを表示する(何もキーは渡さない場合)。
    • キーに一致するアイテムのみを返す。
  6. データページで1つのインスタンスから自動入力ページリストのプロパティに複数の埋め込みページが返されるようにするには、「Allow multiple pages per key」をクリックします。

    例: このオプションは、特定のプロバイダーが提供するすべての製品リストの表示を準備する場合に使用します。
    補足: このオプションは、自動入力ページリストのプロパティでのみ使用できます。 このオプションを選択しない場合は、ページプロパティにデータを入力できます。
  7. プロパティを開き、「Data access」セクションで、選択したキーを使用して、ページプロパティのキーデータページを参照します。 詳細については、「Configuring page, page group, and page list properties」を参照してください。

    補足: プロパティではパラメーターとキーの両方を使用できます。
    • パラメーターにより、読み込まれて選択されるデータページのインスタンスが決定されます。
    • キーにより、特定のインスタンスのどの埋め込みページが返されるかが決定されます。
    補足: データを取得するため、データを必要とするプロパティによりデータページが参照され、プロパティ参照またはリテラル値の送信によりデータページキーが設定されます。 プロパティが参照されると、システムでは自動的に、プロパティが送信する値をキーとしてデータページが読み込まれます。

関連コンテンツ

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice