Skip to main content
close Search
Close search

子ケースタイプの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ユーザーがケースを終了する前に、複雑なビジネスプロセスのすべての要素に対応するように、子ケースタイプを作成します。 子ケースタイプでビジネスプロセスを補うと、それらのケースタイプが表す依存関係を作成することになります。

たとえば、事故保険請求の審査を表すケースタイプを作成し、次に車両損傷と負傷の概算を可視化する子ケースタイプでプロセスを補うことができます。 Accident Claimケースを完了するには、作業者はまずVehicle DamageとInjuryケースを終了します。 効率を上げるため、異なる作業者が各子ケースを並行して処理することもできます。
  1. App Studioのナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

  2. 子ケースタイプを追加するプロセスで、「Add step to the process」 「More」 「Automations」 「Create case」をクリックし、次に「Select」をクリックします。

  3. 「Create case」フィールドに、子ケースタイプの名前を入力します。

  4. 「Step」タブの「Create the following case」リストで、作成する子ケースタイプのタイプを選択します。

    • 新しい子ケースタイプを作成するには、「Create new case type」を選択し、ケースタイプの固有の名前を入力し、次に「Create」をクリックします。
    • 既存のケースタイプを再利用するには、ケースタイプを選択します。
  5. オプション:

    複数の子ケースタイプを作成するには、「Create multiple cases using a list」を選択し、ステップ4に進みます。

  6. オプション:

    別のケースから情報を再利用するには、「Transfer information to new case」チェックボックスを選択し、次に「Transfer information」ウィンドウで、転送する情報を選択します。

    1. 「'From' field」列で、転送する情報が保存されたソースフィールドを選択します。

    2. 「'To' field」列で、表示されるテキストボックスに、情報を使用する子ケースのフィールドを入力します。

    3. オプション:

      ケースタイプビューにマップされたフィールドを追加するには、「View」セクションで、「Add mapped fields to [case type view name] view」チェックボックスを選択します。

    4. 「OK」をクリックします。

  7. 「Save」をクリックします。

  • ケースタイプの作成

    作業のテンプレートとなるケースタイプをアプリケーションで定義すれば、類似したビジネス業務を処理する際に時間を節約できます。 ケースタイプを作成して、ビジネスプロセスを自動化し、ケースワーカーがケースを完了するためにたどるさまざまなパスをサポートできます。

  • ケースタイプの再分類

    既存のケースタイプを別のケースタイプの子として分類し、時間やリソースを節約できます。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice