Skip to main content

デバッグの概要

デバッグの概要

Pega Robot Studio™はMicrosoft Visual Studioをプラットフォームとして使用するため、デバッグの概念も類似しています。 デバッグの実装に関しては、若干の違いがあります。

Studioでは、ブレークポイントを設定してデータ値を確認します。 オートメーションリンクまたはデータリンクは他の開発ツールでのコード行と類似しているため、オートメーションリンクおよびデータリンクにブレークポイントを配置します。 また、Pega Robot Studioでは、データ値はデザインブロックの青いドットのデータポートに表示されます。 これは他の開発ツールでの変数と類似しており、デバッグ中に変数にカーソルを合わせると変数値を確認できます。 Pega Robot Studioでは、カーソルを青い入力ドットまたは出力ドットに置いて、デザインブロックで値を確認できます。

intro debug
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice