Skip to main content
This content has been updated. Click here to continue your progress in the latest version.

重複検索

重複ケース

ユーザーはシステムの別のケースと同じデータ値を持つケースを作成できます。 たとえば、2つの購入リクエストに、同じリクエスト日、アイテムのリスト、または同じ顧客名があることがあります。 このシナリオでは、データ値や一意の識別子の特定の組み合わせが一致する場合、新しいケースは重複している可能性があります。

たとえば、医療サービス アプリケーションは、外科手術の保険の適用範囲を承認するリクエストを処理します。 ユーザーは、膝関節置換手術を特定の外科医が3月18日に行うリクエストを入力します。 2日後に、患者の主治医が、その日に外科医が手術できないことを発見します。 プロバイダは、2月26日付で、同じ患者と手術の種類で新しいリクエストを送信します。 患者と手術の種類が既存のケースと一致するため、新しいリクエストが重複してしまう可能性があります。 外科手術のダブルブッキングを避けるため、ユーザーは新しいケースの重複に気付いた場合、重複を解決し、最初のケースの手術日を2月26日に変更する必要があります。

Search duplicate casesステップ

Pega Platform™は、重複ケースを特定して完了するために役立つプロセスを提供しています。 このプロセスは、Search duplicate casesステップとしてケースライフサイクルに実装されています。 ケースがこのステップに入ると、システムは基本条件荷重条件を使用し、特定のプロパティ値と、システムにすでに存在するケースを比較します。

次の図の「+」アイコンをクリックすると、Pega Platform™がどのようにSearch duplicate casesステップを処理するかが分かります。

重複検索ステップ動作のカスタマイズ

ユーザーが現在のケースが重複していると判断した場合、ケースは解決され(Resolved-Duplicateステータス)、処理は終了します。  ユーザーが元のケースを開いて必要な更新を行えるように、処理をカスタマイズできます。

医療サービス アプリケーションの例では、患者の生年月日は基本条件です。外科医名、手術の種類、手術、手術日はそれぞれに25の荷重が付いた荷重条件であり、しきい値は50です。 生年月日、外科医名、手術の種類、手術が元のケースの値に一致し、荷重条件の合計値がしきい値の50を超える75であるため、システムは2月26日に入力されたケースを重複として表示します。 ユーザーは、2番目のリクエストを重複であると判断し、ケースを「Resolved-Duplicate」として完了します。 ユーザーは元のケースを続行して、手術日を更新できます。

次の図で「+」アイコンをクリックすると、重複ケースの分析が表示されます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice