Skip to main content

Estimatorツール

単かつ自動的にアプリケーションのリリースの開発作業量を見積もることができます。 App Studioでは、実装方法、実装したい機能の数や複雑さ、スクラムチームの数など、計画中のアプリケーションに関する情報を提供します。 プロジェクトエスティメータが予測されるプロジェクト期間を自動的に算出します。

推定を作成するには、Estimatorツールを使用して、組織や実装チームに関する詳細を指定します(たとえば、既存の開発環境を使用する予定なのか、アプリケーションをPega Cloud™に展開する予定なのかなど)。 プロジェクトエスティメータに結果が週単位・時間単位で表示されるため、作業計画が立てやすくなります。 アプリケーションの特定のリリースに対する予測を作成したり、計画されているすべてのリリースを考慮したりして、プロジェクト開発の全体像を把握することができます。

作業の予測の後、結果をExcelファイルにエクスポートすることで、Pega Platform™外で計算結果を共有することができます。 たとえば、プロジェクト計画をより明確かつ正確にするために、ステークホルダーと予測に関して話し合うことがあります。

Estimatorを使用するには、まずアプリケーションの主要要素を定義する必要があります。 

  • ケースタイプを作成し、ステージ、プロセス、ステップを追加してケースライフサイクルを定義します。
  • アプリケーションのユーザーを代表するペルソナを定義します。
  • ケースが完了ステージに至るまでに必要な情報を可視化するデータオブジェクトを作成します。
  • アプリケーションで使用可能な機能を表す特徴を追加します。

次に、チャンネルとデータオブジェクトをリリースに割り当て、各リリースで予定されている作業の大まかな予測を作成します。 デフォルト設定では、Pega Platform™MLP 1 MLP 2、 MLP n、およびFutureの4つのデフォルトリリースを提供します。 Application Profileには、Unplanned リリースが明示的に定義されていない要素を組み込むためのリリースオプションも用意されています。

補足: 複雑なプロジェクトのロードマップを構築するには、Application Profileランディングページの右上隅にあるActions メニューからカスタムリリースを追加することもできます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

次の画像で+アイコンをクリックすると、Estimatorツールの設定オプションの詳細が表示されます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice