Skip to main content

アクションセットを使用したイベント処理の設定

ユーザーインターフェイス(UI)は、よりインタラクティブなユーザー体験を提供するために、フォームを送信する前に、ユーザーがある特定のアクションを実行できるようにするコントロールを含められます。

イベントアクションモデル

行動につながるコントロールは、チェックボックスやボタンなどのコントロールのための原因と結果の関係を構築するイベントアクションモデルに基づいています。 イベントは、ボタンのクリックやフィールドの入力など、ユーザーのアクティビティによって引き起こされるトリガーです。 アクションは、ケースの作成、またはユーザーにインプットを促すためにフィールドに関する情報を表示するなどの、アプリケーションによる応答です。

たとえば、オンラインショップが、注文用の配送先住所を支払いのための請求先住所として顧客に使えるようにしたいとします。 請求先住所を入力するためのフォームは、ユーザーにチェックボックスを提供します。 ユーザーがチェックボックスを選択すると、アプリケーションは、配送先住所の情報を請求先住所フィールドにコピーし、請求先住所フィールドの修正を無効にします。 ユーザーがチェックボックスの選択を解除すると、アプリケーションは、請求先住所フィールドの入力を削除し、ユーザーが住所を入力できるようにします。

以下の画像の中央にある縦棒をスライドすると、ユーザーがチェックボックスをクリックまたはクリアにした時の、住所フォームの表示の変化が確認できます。

次の表は、イベントアクションペアの例を示しています。

イベント アクション
ボタン、リンク、アイコンなどのコントロールをクリックする 新しいウィンドウを開く
グリッドの行をダブルクリックする 列の内容の編集が可能になる
キーボード上のEnterキーを押す メニューを表示する
都道府県のリストから値を選ぶ オフィス所在地のリストを更新する
Quantityフィールドに値を入力する 注文を履行するために在庫が十分あることを確認する

アクションセット

Pega Platform™アプリケーションでは、行動につながるコントロールを設定するためにアクションセットを使用します。 アクションセットは、1つ以上のイベントおよび1つ以上のアクションで構成されています。 オプションとして、条件が満たされた場合のみにアクションが発生するように、各アクションに条件を追加できます。

注: イベントとアクションの両方はアクションセット間で共有できます。 その結果、1つ以上のイベントが同じアクションをトリガーでき、1つのイベントが複数のアクションセットをトリガーできます。 複数のアクションセットを設定する場合は、同じイベントに対する動作が矛盾するような設定は避けてください。

次の図の「+」アイコンをクリックすると、オンラインショップに注文が送信されると、アクションセットがフォームの請求先住所フィールドに入力する仕組みが表示されます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice