Skip to main content

フィールドレベルの監査

ケースでのフィールドレベルの監査

Pega Platform™は、実行される動作を自動的に追跡します。たとえば、どのオペレーターがいつケースに対して作業したかを追跡します。 Pega Platformでは、デフォルトで、ケースに対して実行される動作(Work-インスタンス)の履歴が保持されます。たとえば、ケースのステータスがいつ変更され、ケースがいつオペレーターにルーティングされ、サービス レベル アグリーメント(SLA)がいつ期限切れになるかといったデータが保存されます。

この機能は、フィールドレベルの監査を使って拡張できます。 フィールドレベルの監査では、ケースの重要なデータ値に対する変更を追跡できます。 セキュリティの観点から、機密データが関連する場合に変更を追跡できると便利です。

フィールドレベルの監査を使用して、ユーザーがフィールドやデータ関係に加えた変更を追跡することができます。 このアクションは、「History」ダイアログの「Field History」タブにあるフィールドに自動的に記録されます。 たとえば、ある従業員の給与が変更されたかどうかを知りたい場合があります。 次の画像は、フィールドレベルの監査機能を使用して追跡されるSalaryの更新さればフィールド値を示しています。 この更新は、次のステージの源泉徴収額に影響します。

Salary audit field
補足: フィールドレベルの追跡およびルールのインスタンスに対する変更は、History-クラスにキャプチャされます。

1つの監査エントリーに、古い値、新しい値、変更を加えたユーザー、変更日時が表示されています。 データ関係では、以前の値を修正するためのエントリーと、新しい値を追加するためのエントリーの2つの監査エントリーが存在する場合があります。

フィールドレベルの監査の実装

アプリケーションのフィールド値の更新を追跡するには、App Studioの「Settings」タブを使用します。 フィールドの監査を有効にして、監査対象のフィールドを選択します。

補足: データ関係を監査するには、監査したい埋め込みフィールドにアクセスするリンクを選択します。 継承クラスのプロパティを監査する場合は、「System Fields」または「Reusable Fields」チェックボックスをオンにします。

次の画像の中央にある縦線をスライドさせると、単一プロパティに対するフィールドレベルの監査と、データ関係のプロパティに対する監査の違いを比較することができます。 

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice