Skip to main content
close Search
Close search

ローコード アプリケーション開発

「ローコード開発」とは

ローコード開発はForrester社により「プログラミングの代わりに視覚的で宣言的な技術を使用するアプリケーション開発のための製品やクラウドサービス」と説明されています。これはPegaがSoftware That Writes Your Software™(ソフトウェアを開発するソフトウェア)というスローガンのもと30年間提供してきたものとまったく同じです。

ビジュアルモデルを操作して展開するとローコード開発ツールがコードを作成してくれます。 ドラッグアンドドロップ、プロセスフロー、ビジュアルツールなどのユーザーインターフェイス機能を使用することにより、技術スキルに関わらず誰でも革新的なソフトウェアを開発できます。 このアプローチでは日常のアプリ開発作業が簡素化されるため、IT部門の負担が軽減され、生産性が高まります。 ローコードツールはアプリケーション開発をこれまで以上にシンプルにしてくれます。

ローコード型アプローチの価値

組織にはすばやい変革が求められており、大人数のチームでソリューションを自社開発する従来の画一的なアプローチでは対応できなくなっているため、新たなアプローチで強力なソフトウェアを開発する機能は組織にとって不可欠です。 ローコード型アプリケーション開発プラットフォームは、ビジネスの利害関係者と熟練したデベロッパーのギャップを埋めるのに役立ち、共通のビジュアル言語を作成して、コラボレーションの効果を高めます。 ローコードツールを活用するチームは俊敏性が高く、価値をすばやく提供でき、利害関係者と効果的に連携できるようになります。 利害関係者と共通のビジュアル言語で連携することで、コードではなくビジネスロジックの説明に集中できます。 フィードバックループの短縮によりチームの生産性が向上するため、限りあるリソースを解放して増大する一方の開発予定プロジェクトに振り向けることができます。

ローコードツールを使用した開発

多くのユーザーは、シンプルでわかりやすいビジュアル開発ツールとは、スプレッドシートなどを使って作成するようなものに限られると考えるでしょう。 Pegaのローコード プラットフォームを活用すると、無数のチャネル向けに非常に複雑なアプリケーションまで開発できます。 たとえば、マーケティングチームでは共有スプレッドシートを活用してリクエストを管理し、追跡していました。 Pegaのローコードツールを活用してEメールとウェブベースのリクエストシステムを構築し、リクエストを可視化するレポート、コラボレーションのための通知、納期どおりに作業を行うためのSLAのトラッキングなどが可能になりました。

Pegaのローコード テクノロジーを使うと、データを取得してビジネスプロセスを開始するためのアプリケーションを開発できます。 驚くことにウェブページ、モバイル アプリケーション、またはFacebookメッセンジャーで顧客とやり取りできるチャットボットのようなアプリケーションも開発できます。 情報は受信メールから抽出したり、ロボットを使って他のソフトウェア ソリューションから収集したりできます。 Pegaの強力なローコード テクノロジーは、ユーザーのお好みのチャネルでやり取りできるアプリケーションの開発を可能にします。 オムニチャネル開発機能を使用することで、組織は部門ごとに個別にプログラミングを行うのではなく、すべての必須チャネルで開発作業を統一することができます。

ユーザーは優れたデータの情報源ですが、多くの場合、必要なデータは別のシステムに存在しています。 Pegaの視覚的なインターフェイスにより、ユーザーはシステムを統合してプロセスを進めるために必要なデータを取得できます。 Pegaのデータは視覚的にアプリケーションにマッピングされているため、データ処理の全体像を把握できます。

ローコードおよびデベロッパー

Pegaのビジュアル型統合アプリケーション開発ツールはシチズンデベロッパーからプロフェショナル デベロッパーまで、全員が生産性を高めることに貢献できます。 ローコード開発ではデベロッパーでなくてもアプリケーション コードを作成できますが、経験豊富なデベロッパーであればコードをよりすばやく効果的に記述するのに役立ちます。

シチズンデベロッパーが組織のニーズを満たす追加機能を開発できるよう、Pegaのアプリケーション開発スタジオでは、デベロッパーがPega Platformを掘り下げて業務上の問題に対するソリューションを開発し、実装を隠しつつ、他のユーザーに対してビジネスロジックを可視化することができます。 Pegaプラットフォームには機能の再利用と拡張のパターンが組み込まれているため、デベロッパーがソリューションを一度開発したらエコシステム全体で何度も活用できます。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

Thank you for your feedback.

このコンテンツは 90% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice