Skip to main content

ローコードUX

ローコードUX

Pega Platform™は、ローコード開発プラットフォームです。 ローコードとは、従来型のハンドコーディングによるコンピュータプログラミングの代わりに、グラフィカルユーザーインターフェイス、視覚的メタファー、フォームコンフィギュレーションを使用するアプリケーション開発環境を指します。 これは主にUXに関わる手法であり、Pegaが何年も前に先駆けて開発したものです。 これは、Pegaのコアバリューの大きな柱となっています。

Pega Platform のオーサリング作業は専用の各スタジオで行われます。 すべてのスタジオがローコードを採用していますが、そのアプローチはそれぞれ異なります。

  • App Studioは主にビジネスアナリスト、アプリケーション開発者、フロントエンド (UX/UI) 開発者、およびデータエンジニア向けです。 App Studioでは、ユーザーはアプリケーションの最上位レベルのコンセプトをスケッチし、後から詳細を追加します。 
  • Dev Studioは、経験豊富なアプリケーション開発者、アカウント管理者、セキュリティ管理者を対象としています。 Dev Studioでは、ユーザーはルールフォームを通じて多くの部品を作成し、それらを接続させて首尾一貫したアプリケーションを構築します。 ほとんどの場合、ユーザーはボトムアップの流れで作業します。つまり、最初に詳細、後から全体像。  

App Studioにおける6つのUX原則

  1. 可能な限り早く付加価値を提供する:App Studioは、ユーザーの時間を節約しながら結果を出せるように設計されています。
  2. 概念の数を減らす:Dev Studioには200以上のルールタイプがあるのに対し、App Studioには5つの主要コンストラクトがあります。
  3. ユーザーのニーズに合わせてコンテキストをモデル化する:Dev Studioで統合を作成するには、約6種類のルールタイプを開き、それらを頭の中でイメージしながら接続する必要があります。 App Studioでは、すべてのルールタイプが1ページにまとめられています。
  4. デフォルト値を活用する:アプリケーションを最速で作成する方法は、空白の値から始めるのではなく、デフォルト値を基に作成することだと考えます。 Pegaの環境では、新しいアプリケーション(およびテンプレート)ごとに、デフォルトのチャネル、データオブジェクト、ロールを利用します。
  5. 使い慣れたツールや用語を提供する:Dev Studioでは Pega専用の用語を使用し、App Studioでは業界標準の用語を使用しています(たとえば、ハーネスに対しページ、ルールに対しオブジェクトなど)。
  6. UXデザインの限界を超える:機械学習やロボットによる自動化など、非常に複雑な技術を含め、どんなものでも簡素化できると考えています。
次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

 

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice