Skip to main content

関連レコードの管理

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ケースタイプとデータタイプに含める必要のあるレコードをまとめることで、アプリケーション開発をスピードアップできます。 関連レコードは、App Studioのいくつかの領域でデザイン時のプロンプトやフィルタリングを制御できるため、結果的にケースで関連性のないレコードの検索にかかる時間を短縮できます。

たとえば、保険アプリケーションでは、保険対象物の値フィールドを関連レコードとしてマークすることで、宝飾品や自動車のケースタイプのレコードを格納するクラスなど、すべての子クラスで利用可能になります。
  1. Dev Studioのヘッダーで、 「Configure」 「Application」 「Inventory」 「Relevant Records」 とクリックします。

  2. 「Class name」フィールドで、関連するレコードを表示するケースタイプまたはデータタイプのクラスを入力します。

    デフォルトでは、選択したクラスのアクティブな関連レコードのみが表示されます。
    補足: システムにより、指定したクラスのアクティブな関連レコードのリストが表示されます。
  3. 以下のいずれかの操作を行います。

    • 指定したクラスの非アクティブなレコードを表示するには、「Show inactive relevant records for the class」チェックボックスを選択します。
    • 現在のクラスがクラス階層で継承するレコードを表示するには、「Show inherited relevant records for the class」チェックボックスを選択します。
      補足: 「Mark relevant at」列には、特定のレコードがどのクラスレベルで関連しているかが表示されます。
    • 現在のクラスでレコードをアクティブまたは非アクティブにするには、「Actions」アイコンをクリックし、必要に応じてオプションを選択します。 たとえば、「Mark active for current class」を選択します。
  • レコードを関連レコードとしてマーク

    リソースを節約し、アプリケーション開発をスピードアップするには、ルールを関連レコードとしてマークしてデータタイプやケースタイプの再利用を促進します。 関連レコードでは、App Studioのケースタイプとデータタイプのデザイン時フィルタリングオプションが制御されます。 その結果、アプリケーションを開発する際、膨大なオプションや不完全なオプションではなく、適切な一連のオプションを実装できます。

  • 関連レコードの保護

    アプリケーションを顧客またはダウンストリームの開発チームに納品する前に、アプリケーションで定義した1つ以上のケースタイプまたはデータタイプに対して関連レコードのリストを定義できます。 .pzEditRelevantRecordsは、ユーザーにクラスの関連レコードエントリーを追加または削除する権限があるか管理するルールです。

  • 関連レコードについて

    関連レコードのルールの記述により、ケースタイプまたはデータタイプの動作、表示、および定義を改善できます。 一般に、継承クラスのレコードを子クラスの重要レコードまたは再利用可能レコードと指定したり、ケースタイプやデータタイプの設定でほとんどのプロンプトやフィルタリングを制御したりできます。 関連レコードは、条件のビルドにも使用されます。たとえば、顧客が特定の提案の対象となるかどうかを判断するために使用されます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice