Skip to main content

セキュリティポリシーの管理

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

アプリケーションのセキュリティを高めるには、ユーザー認証とセッション管理に関するセキュリティポリシーを有効にします。 有効にすると、ユーザーIDとパスワードの強度、セッションのタイムアウトとオペレーターIDの無効化、ログインイベントの監査、CAPTCHAと多要素認証を管理・設定できます。

補足: セキュリティポリシーを管理するには、PegaRULES:SecurityAdministrator ロールに含まれる pzViewAuthPoliciesLP の権限が必要です。
パスワード、ロックアウト、監査、オペレーターIDの無効化の各セキュリティポリシーは、オフライン対応のアプリケーションでサポートされます。 多要素認証ポリシーは、カスタム認証ポリシーとアプリケーションケースフローで二要素認証を使用する場合にのみ適用されます。 オペレーター無効化ポリシーは、Disable Dormant Operatorsエージェントを有効にした場合に適用されます。
  1. Dev Studio で、「Configure」 > 「Org & Security」 > 「Authentication」 > 「Security Policies」をクリックします。
  2. 次のポリシーを設定します。
    • パスワードポリシー
    • CAPTCHAポリシー
    • ロックアウトポリシー
    • 監査ポリシー
    • Multi-factor authentication policies (using one-time password)
    • オペレーター無効化ポリシー


    セキュリティポリシーの設定についての詳細は、「Security policies settings」を参照してください。
     

  3. 「Submit」をクリックします。
 
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice