Skip to main content

モバイルアプリのデプロイメント

Pega Platform™は、ビジネスおよびテクノロジーニーズを満たすために、順応性のあるモダンなモバイルソリューションをコーディングなしで構築することができます。 モバイルアプリがあれば、現場の従業員をサポートし、ビジネスに便利な追加のアクセスチャンネルを提供することができます。 Pega Mobile Client™を使用すると、オフラインでの継続的ケース処理や、プッシュ通知、バーコードスキャン、生体認証など、デバイスの機能をフル活用した独立型ネイティブモバイルアプリ体験を開発することができます。 また、ネイティブアプリには、デバイス固有のセキュリティー、統合、管理機能が含まれており、ブランディングが可能で、AndroidやiOSプラットフォームのエンタープライズアプリケーション業界で流通しています。 

pega-mobile-client

また、未署名のiOSアプリケーションをエクスポートしてローカルに署名することで、iOS証明書やプロビジョニングプロファイルをサ第三者のプラットフォームで公開することなく、多様な開発要件のサポートや、ワークフローのリリースを柔軟に行うことができます。 これは例えば、社内の監査ポリシーにより、iOSコードの署名証明書やプロビジョニングプロファイルをPega Platformにアップロードできない場合や、アプリケーションのビルドを他の企業に引き渡して署名およびアップロードしてもらう場合などに役立ちます。 このような場合、Pega Platformで署名されていないiOSアプリケーションバンドルを生成してダウンロードし、それをローカルのmacOS コンピューターで署名することができます。

Software Development Kitアプリケーション(SDK app)の開発を選択すると、既存のPegaモバイルアプリを埋め込むことで、既存のモバイルアプリケーションを補完することができます。 そして、Pegaのビジネスプロセスが現在のアプリケーションのユーザーインターフェイスに反映されます。 SDKアプリケーションを使うと、Pega Platformのプロセスや機能を他のモバイルアプリと統合することができます。 

下図の+アイコンをクリックすると、Pega Platformでモバイルアプリを構築する際に利用可能なオプションの詳細が表示されます。

設定の前提条件

追加設定が必要ないmobileチャンネルでは、アプリケーションをmobileデバイスに素早くデプロイすることができます。 コンテンツをユーザーに提供する準備ができたら、クリック一つでアプリを構築したり、Pega Mobile Previewアプリを使ってリアルタイムに結果を検討したりすることができます。

Pega Platformアプリケーションからモバイルアプリを構築するには、アプリ自体を構築する前に、証明書の取得、プッシュ通知の設定、(必要に応じて)他の Pegaアプリケーションへのアクセスの設定、Pega Mobile Build Serverへのアクセスの設定など、いくつかのタスクを完了する必要があります。 Pega Mobile Buildサーバーにアクセスするためのログイン情報はPega Mobile Client Licenseに付属しており、Admin studioで設定します。 Pega Mobile Build Serverを使用すると、開発者はクリック一つでAndroidまたはiOS用のモバイルアプリを構築し、アプリケーションのパッケージファイルをローカルにダウンロードして署名し、それぞれのエンタープライズアプリストアにアップロードして販売することができます。
 
これらのタスクは、リリースプラットフォームのターゲット(iOSまたはAndroid)によって異なります。 前提条件のリストはPega Communityの記事「Building a mobile app locally」でご覧いただけます。

次の画像で+アイコンをクリックすると、各タスクの詳細が表示されます。

SDKアプリケーション

SDKアプリケーションでは、アプリケーションパッケージファイルを使用すると、適切なプラットフォーム用の第三者の開発ツールを利用して、モバイルアプリを別のホストモバイルアプリに組み込むことができます。 アプリケーションのレイアウトやデザインは、ホストアプリケーションに左右されます。 例えば、ある保険会社がPega Platformの機能を組み込んで、アプリに事故報告プロセスを追加したいとします。SDKアプリケーションを既存のモバイルアプリに組み込み、組み込まれたPegaアプリを起動して事故報告プロセスを開始します。

SDKアプリは、オフィスの所在地の検索など、Pega Platformアプリケーションとは関係のない既存のモバイルアプリの機能と柔軟に統合することができ、複数のPega Platformアプリケーションと一緒に使用することができます。 Pega Mobile SDKは、SDKアプリソリューションの構築を支援するために、自分が選択した統合開発環境(IDE)をユーザー使用して、AndroidおよびiOSのネイティブモバイルアプリを開発し、モバイルアプリPega Platformと相互作用できるようにするものです。

Pega Mobile SDKは Connect SDKとMashup SDKで構成されています。 実行するタスクによってPega Mobile SDKの異なるツールを使用します。 

  • Connect SDKでは、Pega APIを使用してネイティブモバイルアプのデータに直接アクセスできます。
  • Mashup SDKでは、Pega Platformアプリケーションの一部をネイティブモバイルアプリに埋め込むことができます。

SDKアプリの設定方法については、Pega Communityの記事「Configuring application package-based mobile app」を参照してください。

インストールパッケージの生成

アプリケーションを、ユーザーがモバイルデバイスにインストールできるモバイルアプリに変換する準備ができたら、インストールパッケージを生成することができます。 アプリケーションの変換を開始する前に、HTTPS接続と信頼できるベンダーのSSL証明書を使用していることを確認してください。 また、変換するアプリケーションの証明書セットを作成しなければなりません。 

この手順の詳細については、Pega Communityの記事、「Generating installation packages」をご覧ください。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice