Skip to main content

Access Managerを使用したオペレーターパーミッションの変更

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

Access Managerでは、アクセスグループ、または現在のオペレーターのすべてのアクセスグループのオペレーターパーミッションを表示、編集できます。 選択したアプリケーションの各ケースタイプに定義されているすべてのフローおよびフロー手順を表示できます。

Access Managerで行った変更は即時に実装されるため、保存する必要はありません。

アプリケーションのロールベースのセキュリティをカスタマイズするには、以下のようにします。

  1. Dev Studioのヘッダーで、 「Configure」 「Org & Security」 「Access Manager」 「Work & Process」 の順にクリックします。

  2. 「Access Group」リストで、変更するアクセスグループを選択します。

  3. 「Case Types」列で、変更するケースタイプの横にある矢印をクリックします。

    補足: これにより、オペレーターパーミッションのセクションが展開されます。
  4. パーミッションアイコンをクリックし、「Role」ダイアログボックスでオペレーターパーミッションを変更します。

    • オペレーターにフルパーミッションを付与する場合は「Full Access」を選択します。
    • オペレーターのアクセスを拒否する場合は「No Access」を選択します。
    • 条件付きアクセスを付与する場合は「Conditional」を選択し、trueの場合にオペレーターパーミッションを付与する条件を入力するか選択します。
  5. 「Role」ダイアログボックスで、「OK」をクリックして変更を適用します。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice