Skip to main content

Tracer

Tracer

アプリケーションでエラーが発生した場合は、アプリケーションの動作を修正できるように、エラーの原因を特定する必要があります。 エラーの根本原因を特定することは、アプリケーションの動作を修正する上で不可欠です。 エラーの原因となったイベントを表示すると、問題を修正するために対処すべき動作を特定できます。 ケースの処理時に発生したイベントを表示するには、Tracerを使用します。

たとえば、プロパティの設定に使われるデクレアエクスプレッションで想定外の値が返されることがあります。 さらに、このプロパティ値は特定のワークフローステージをスキップするかどうかを判断するために使用されます。 デクレアエクスプレッションプロパティはUIで表示されず、ユーザーはケースが想定外のステージに進んだことしかわかりません。 この問題のトラブルシューティングを行うには、Tracerに備わっている実行イベントのシーケンスを理解する必要があります。

別の例では、データページを使用して都市名のドロップダウンリストにデータを挿入します。 ドロップダウンリストの内容が間違っている場合、つまり、この例では、リストに都市名ではなく州名が含まれている場合は、データソースに対するコントロールや接続の設定が適切かどうかを確認する必要があります。

drop-down-choices-wrong-city

Pega Platform™では、Tracerを使って、ケースの処理中に発生するイベントをキャプチャして表示できます。 Tracerは、メモリー内にあるプロパティの現在の値を提供するClipboardツールとは異なり、ケースの処理中に発生するイベントの完全なログを提供します。 このログを使って、実行エラーの原因(Java例外や不正なプロパティ値など)を特定できます。

注: Tracerを実行すると、ルールの実行のために収集されるデータ量が増えるため、アプリケーションのパフォーマンスに大きな影響が及びます。 このため、パフォーマンス分析ツールとしてTracerを使用しないようにしてください。

次の図の中央付近にある垂直線を左右に動かして、ClipboardツールとTracerツールの違いを確認してください。

ケース処理時のエラーの特定

ケース処理時のエラーの特定に役立つように、Tracerはエラーの原因となった処理ステップを特定します。 Tracerログでは、ほとんどのステップで、ステップが正常に完了したことを示すGoodステータスが返されます。 ステップでFailステータスが返された場合は、エラーが発生しており、そのステップは正常に完了していないことを示しています。

アプリケーションのエラーは、失敗したシーケンスの原因ではなく、失敗した一連のステップの最後のステップのみを示すことがあります。 Tracerでイベントのシーケンスを確認すると、ユーザーに対して表示されたエラーの根本原因を特定するのに役立ちます。 Tracerツールでは、失敗したステップが次の図のように表示されます。

Tracer tool with error log

Tracerツールで、失敗したステップをクリックすると、そのイベントのプロパティが表示されます。

Details of the failed step log

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

Thank you for your feedback.

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice