Skip to main content
close Search
Close search

チャレンジ

データオブジェクトの作成

3 タスク

10 分

Visible to all users
初級 Pega Platform データ統合 日本語

シナリオ

MyTown311アプリケーション経由でサービスリクエストを提出する際、住民はまず問題に関する情報を「Description」フィールドに入力します。 市長とサービスコーディネータは、住民がリクエストした修理についてより詳細な情報を提供することを望んでいます。 「Type」と「Description」のフィールドを使用して、Request type(リクエストタイプ) データタイプを作成します。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
アプリケーションデベロッパー author@mytown pega123!
Note: PegaはApp Studioでデータオブジェクトとしてデータタイプを参照できるようになりました。  チャレンジのウォークスルーのビデオではデータタイプが示されていますが、設定手順は同じです。

チャレンジ ウォークスルー

You must initiate your own Pega instance to complete this チャレンジ.

Initialization may take up to 5 minutes so please be patient.

詳細なタスク

1 Request type データオブジェクトを作成

  1. App Studioナビゲーションペインで、「Data」>「Data objects and integrations」をクリックして、アプリケーションの既存データオブジェクトのリストを表示します。
  2. 右上の「New」をクリックして新しいデータオブジェクトを作成します。
    new data object
  3. 「Data object name」フィールドに「Request type」と入力します。
  4. 「Submit」をクリックして、新しくRequest typeデータオブジェクトを作成して表示します。
    Create new data object
  5. 「Data Model」タブで「+ Add field」をクリックして、グローバルに一意のIDの下に表示されるRequest type データオブジェクト用に新しいフィールドを作成します。
  6. 「Name」フィールドに「Type」と入力してフィールドに名前を付けます。
  7. 「Name」フィールドの右側で、「Type」ドロップダウンのデフォルトが「Text (single line)」になっていることを確認します。
  8. 「+ Add field」をクリックして、新しいフィールドを作成します。
  9. 「Name」フィールドで、フィールドに「Description」と入力してフィールドに名前を付けます。
  10. 「Type」ドロップダウンで、「Text (paragraph)」を選択します。
  11. 右上の「Save」をクリックして、フィールドをデータタイプに保存します。
    Request data object fields

2 Request typeデータオブジェクトを「Report problem」ステップに追加します

  1. App Studioナビゲーションペインで、「Case types」>「Service Request」をクリックして、Service Requestのケースライフサイクルを表示します。
  2. 「Report problem」ステップをクリックします。
  3. 右側の構成ペインで、「Configure view」をクリックして、「Report problem view」ウィンドウを表示します。
  4. 「Description」フィールドの右側にあるゴミアイコンをクリックします。
    delete description field
  5. 「+ Add field」をクリックして、空のフィールド行を追加します。
  6. 空のフィールドに、「Request」と入力します。
  7. 「Type」ドロップダウンから「Field group」を選択して、「Options」フィールドの右側にドロップダウンリストを表示します。
  8. 新しいドロップダウンリストから「Request type」を選択して、Request typeデータオブジェクトを参照します。
  9. 右下の「Submit」をクリックして、「Report problem view」ウィンドウを閉じます。
    request field group
  10. 「Service Request」ケースタイプの右上で、「Save」をクリックして、ケースタイプの設定を完了します。

3 作業の確認

  1. 「Service Request」ケースタイプの右上で「Save and run」をクリックして、新しい「Service Request」ケースを実行します。
  2. 「Create」ビューで、ケースを進める前に必須フィールドを入力します。
  3. 「Report problem」のステップで、「Type」および「Description」フィールドが表示されていることを確認します。
    report problem request type description fields


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、 Pega Academyのテクニカルサポートまでお問い合わせください。.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 33% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice