Skip to main content

チャレンジ

関連レコードの指定

6 タスク

30 分

Visible to all users
中級 Pega Platform 8.6 Dev/Designer Studio 日本語

シナリオ

人事部(HR)では、Onboardingケースが開いている間に、人事部のビジネスパートナーが従業員の開始日を更新できるようにする必要があると考えています。 開始日が変更になった場合は、従業員とマネージャーの両方に確認メールが送信されます。

人事部のビジネスパートナーが従業員の開始日を更新できるようにするためのプロセスを作成します。 Dev Studioでプロセスを作成し、App Studioでデベロッパーが利用できるようにするレコードを詳細にコントロールできるようにします。 以下の項目を使用して、プロセスを設定します。

  1. 事前に設定されたフローアクションAdjustStartDateを使用したアサインメントシェープ。 このフローアクションは、現在の開始日を表示する読み取り専用のフィールドと、人事部のビジネスパートナーが新しい開始日を設定できる編集可能なフィールドを含む、事前に設定されたセクションを参照します。
  2. 従業員にメールを送信するためのステップ。 次のテキストを含むメールコレスポンデンスを作成します:
    電話でお伝えしましたとおり、あなたの開始日は<<.Employee.StartDate>>から<<.NewStartDate>>に変更されました。
  3. 新しい開始日の値を使用して従業員の開始日の値を設定し、新しい開始日をクリップボードから削除するデータトランスフォーム。

プロセスを関連レコードリストに追加して、App Studioでプロセスを利用できるようにします。 App Studioで、Onboardingケースタイプ用のオプションアクションとして、「Equipment selection」ステージにプロセスを追加します。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB rules
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 プロセスフローの作成

  1. Dev Studioで「Create」>「Process」>「Flow」をクリックします。
  2. 「Create Flow」ウィンドウの「Label」フィールドに「Update Start Date」と入力します。
  3. 最も可用性の高いルールセットを使用して、Onboardingケースにコンテキストを設定します。
  4. 「Create and open」をクリックして、「Update Start Date」プロセスフローを作成します。

2 開始日を編集するためのアサインメントシェープの設定

補足: フロールールには、デフォルトで「Update Start Date」とラベル付けされたアサインメントシェープが含まれます。
  1. アサインメントシェープとエンドシェープの間のコネクターを右クリックします。
  2. 「View properties」をクリックして、コネクターのプロパティを開きます。
  3. 「Connector」セクションの「Flow action」フィールドに、「AdjustStartDate」を入力するか選択します。
    Connector properties
  4. 「Submit」をクリックします。

3 開始日の変更を従業員に通知するための「Send Email」ステップを設定します。

  1. フロールールで、「+」をクリックし、「Automations」>「Send email」をクリックして、Send emailシェープを追加します。
  2. シェープをダブルクリックして設定を開始します。
  3. 「Automation details」セクションで、シェープを設定して「.Employee.pyEmail1」フィールドにメールを送信します。
  4. メールの件名を「Start date change confirmation」と入力します。
  5. 「Message」ドロップダウンリストで、「Correspondence」をクリックしてメールコレスポンデンスを作成します。
  6. 「Correspondence template」フィールドに、「UpdateStartDate」と入力し、十字アイコンをクリックして、コレスポンデンスルールを作成します。
  7. 「Create Correspondence」フォームの「Correspondence Type」フィールドで、「Email」を入力するか選択し、「Create and open」をクリックしてルールを作成します。
  8. テキストフィールドで、「Scenario」セクションで指定されたメール本文を入力します。 従業員の開始日と新しい開始日のプロパティを挿入します。
  9. 「Save」をクリックして、メールの内容の作成を終了します。
  10. 「Update Start Date」フロールールに戻ります。
  11. 「Submit」をクリックして「Send Email」ステップの設定を完了します。
    Automation details
  12. 「Update Start Date」からのコネクターが「Send email」につながるように、コネクターを調整します。
  13. 「Send Email」シェープからエンドシェープにコネクターを追加します。
    Update start date process

4 データトランスフォームを設定し、新しい開始日を設定する

  1. 「Create」>「Data Model」>「Data Transform」をクリックして、新しいデータトランスフォームを作成します。
  2. 「Label」フィールドに、データトランスフォームの名前を「Adjust Start Date to New Date」と入力します。
  3. 最も可用性の高いルールセットを使用して、Onboardingケースにコンテキストを設定します。
  4. 「Create and open」をクリックして、データトランスフォームを作成します。
  5. 「Definition」タブのデータトランスフォームの最初のステップで、.Employee.StartDate.NewStartDateと同じに設定します。
  6. データトランスフォームに2つ目のステップを追加して、クリップボードで.NewStartDate を削除します。
    Data transform
  7. 「Save」をクリックして、データトランスフォームを保存します。
  8. 「Update Start Date」フロールールに戻ります。
  9. 「Send email」シェープとエンドシェープの間のコネクターをダブルクリックします。
  10. 「Set properties」セクションで「Apply data transform」ラジオボタンを選択します。
  11. データトランスフォームAdjustStartDateToNewDateを選択します。
    Connector properties
  12. 「Submit」をクリックして、コネクターの設定を完了します。

5 プロセスを関連レコードとして指定する

  1. フロールールで「Actions」メニューをクリックし、関連レコードとしてマークを選択します。
    Mark as relevant record
  2. 「Save」をクリックして、フロールールを保存します。

6 Onboardingケースタイプにプロセスを追加する

  1. App Studioに切り替えます。
  2. Onboardingケースライフサイクルで、「Optional actions」をクリックします。
  3. 以下の「Equipment selection」ステージで、「+ Action」>「More」>「Processes」をクリックして「Update Start Date」プロセスを探します。
    Update start date optional process
  4. 「Update Start Date」>「Select」をクリックします。
  5. 「Save」をクリックして、Onboardingケースタイプへの「Update Start Date」プロセスの追加を完了します。
    Update start date process

作業の確認

  1. App Studioで、新規のOnboardingケースを作成し、ケースIDをメモしておきます。
  2. 「Collect Employee Info」ビューで、「Start date」などの必須フィールドを入力し、「Equipment selection」ステージに進みます。
  3. 「Actions」メニューから、「Add Work > Update Start Date」をクリックします。
  4. 「Adjust Start Date」ビューで、「New start date」フィールドに新しい日付を指定します。
    Adjust start date screenshot
  5. 「Submit」をクリックします。
  6. オンボーディング案件で、「Actions > Refresh」をクリックします。
  7. Onboardingケースで、開始日変更の確認メールを開き、EmployeeStartDateNewStartDateプロパティが正しく入力されていることを確認します。
  8. 右下の歯車アイコンをクリックし、Clipboardツールを開きます。
  9. Clipboardツールで、Thread がOnboardingケースIDと一致することを確認します。
  10. 「User Pages > pyWorkPage (TGB-HRApps-Work-Onboarding)」と移動します。
  11. NewStartDateの値が存在しないことを確認します。
    Pega clipboard screenshot2
  12. 「User Pages > pyWorkPage (TGB-HRApps-Work-Onboarding) > Employee (TGB-HRApps-Data-Employee)」と移動します。
  13. StartDateの値が更新されていることを確認します。
    Pega clipboard screenshot


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice