Skip to main content

チャレンジ

バックグラウンド処理を行うタスクをキューに入れる

1 タスク

30 分

Visible to all users
中級 Pega Platform 8.6 Dev/Designer Studio 日本語

シナリオ

給与処理でのエラーや苦情を減らすために、人事部はTGBの従業員に振込の登録を許可しています。 従業員が登録すると、経理部が会社の給与を処理する場合に、給与が自動的に従業員の当座預金口座に振り込まれます。

給与プロセスを自動化し、就業時間のピーク時のケース処理の遅延やパフォーマンスへの影響を回避するには、ユーザーが給与設定ケースを完了したときにメールの作成と送信をキューに入れる手順をケースライフサイクルに追加します。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB rules
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 バックグラウンドでの実行と確認ステップの作成

  1. Dev Studioで、次の画像に示すようにPayroll Setupケースを設定します。
    standard-queue-processor-complete-enrollment-stage
  2. バックグラウンドで実行するステップの名前を、「Upload payment information」に変更します。
  3. Run in Backgroundステップのコンテキスチャルプロパティパネルで、次の表の情報を使用して、UploadToPaymentProcessorアクティビティを実行するための標準キュータイプを設定します。

    フィールド
    Type of queue Standard
    Activity name UploadToPaymentProcessor
    Lock using Primary page
    Alternate access group  
    Audit note upload to payment processor and send confirmation email
    ヒント: このアクティビティは、標準キュープロセッサーの設定前にすでに存在している必要があります。 UploadToPaymentProcessorアクティビティは、通話メソッドを使用してメールを送信します。
    Standard queue
    補足: デフォルトでは、キュープロセッサーは、アイテムをキューに入れたユーザーのアクセスグループを使用します。
  4. 支払い情報のアップロードステップ後に、「Payroll information received send email」ステップを追加して、給与情報を受信したことを確認します。
  5. Payroll information receivedステップのコンテキスチャルプロパティパネルで、次の画像を使用して対応を設定します。
    standard-queue-processor-send-email
  6. 変更を保存します。

作業の確認

  1. 新規のPayroll Setupケースを作成します。
  2. 有効なメールアドレスを使用して、「Collect employee information」フォームに必要事項を記入します。
    standard-queue-processor-collect-employee-information
  3. 「Submit」をクリックします。
  4. ケースを「Complete enrollment」ステージに進めます。
  5. 「Review selections」ビューで、「Submit」をクリックして、「Resolved-Completed」のステータスで案件を完了させます。
  6. ケースに確認メールが表示されていることを確認します。 
    standard-queue-processor-attached-emails
  7. 「Actions > History」をクリックし、「Run in Background」ステップに入力した監査メモを探し、標準キュープロセッサが実行されたことを確認します。
    補足: 監査メモとアクティビティから送信されたメールを確認するには、1~2分後にケースを更新する必要がある場合があります。
    2.7 image border

     

  8. Admin Studio で「Queue processors」タイルをクリックし、キュープロセッサのリストを表示します。
    Admin studio
  9. 壊れた処理がないこと、また「Ready to process」列が0であることを確認し、ケースステップが処理されたことを確認します。
    2.9imagewithborder
    補足: 「Processed in the last hour」列には、実行したばかりの標準キュー項目が反映されている可能性がありますが、このフィールドには、システムで同時に発生した他のバックグラウンド処理が反映されている可能性もあります。


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice