Skip to main content

チャレンジ

デフォルトのプロパティ値の設定

シナリオ

GoGoRoadのプログラムマネージャーは、サービスの遅延がないように、コールセンターのスタッフ数を適切なレベルに保ちたいと考えています。 プロジェクトマネージャーは、このニーズに対応するために、アシスタンスリクエストケースの量を曜日で追跡することができるレポートが必要です。 このレポート要件を満たすために、特定の.pxCreateDateTime値の曜日を判断するデータトランスフォームを作成して、顧客または顧客サービスの担当者がアシスタンスリクエストケースを作成するときに、このデータトランスフォームを「pyDefault」から呼び出して、各ケースに曜日が追加されるようにします。

以下の表の情報に基づいて、データトランスフォームでサービスの曜日を設定します。

営業日 曜日
1 日曜日
2 月曜日
3 火曜日
4 水曜日
5 木曜日
6 金曜日
その他 土曜日

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
アプリケーションデベロッパー author@gogoroad pega123!
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 Service DayプロパティおよびService Day of Weekプロパティを作成する

  1. Dev Studioのナビゲーションペインで、「App」をクリックします。
  2. 「AssistanceRequest」 > 「Data Model」を展開します。
  3. 「Property」を右クリックして 「Create」をクリックします。
  4. 「Label」フィールドに「Service Day」と入力します。
  5. 「Create and open」をクリックします。
  6. 「Text」の右側にある「change」をクリックして、プロパティタイプを変更します。
    Change property type
  7. 「Integer」をクリックして、プロパティタイプを整数に変更します。
  8. 「Save」をクリックして「Service Day」プロパティを保存します。
  9. 手順3~5を繰り返して、「Service Day of Week」という名前のプロパティを作成します。 Property typeを次のタイプに設定します → Text.
  10. 「Save」をクリックして、「Service Day of Week」プロパティを保存します。

2 Set Day of Weekデータトランスフォームを作成する

  1. App Explorerで、「AssistanceRequest」 > 「Data Model」を展開します。
  2. 「Data Transform」を右クリックして、「Create」をクリックします。
  3. 「Label」フィールドに「Set Day of Week」と入力します。
  4. 「Create and open」をクリックします。
  5. データトランスフォームの最初の行で、.ServiceDay@weekday(.pxCreateDateTime)と等しくなるように設定して、各曜日の整数値が計算されるようにします。
    The first line of the SetDayofWeek data transform
  6. 「Add a row」をクリックします。
  7. データトランスフォームの2番目の行で、.ServiceDayOfWeek@if(.ServiceDay=1,"Sunday", @if(.ServiceDay=2,"Monday", @if(.ServiceDay=3,"Tuesday", @if(.ServiceDay=4,"Wednesday", @if(.ServiceDay=5, "Thursday", @if(.ServiceDay=6, "Friday","Saturday")))))) と等しくなるように設定して、Service Dayの各整数値が曜日に関連付けられるようにします。
    The second line of the SetDayofWeek data transform
  8. 「Save」をクリックします。

3 .pyDefaultでSet Day of Weekデータトランスフォームを呼び出す

  1. App Explorerで、「AssistanceRequest」 > 「Data Model」 > 「Data Transform」を展開し、「pyDefault」をクリックして「pyDefault」データトランスフォームを開きます。
    補足: 「pyDefault」が表示されない場合は、「Options」 > 「Refresh App Explorer」をクリックしてApp Explorerを更新します。
  2. 「Add a row」をクリックします。
  3. 「Actions」ドロップダウンで、「Apply Data Transform」を選択します。
  4. 「Target」フィールドに、「SetDayOfWeek」と入力するか、これを選択します。
    pyDefault with the SetDayOfWeek data transform applied
  5. 「Save」をクリックして、新しいバージョンのpyDefaultへの変更を保存します。

作業の確認

  1. 「Create」メニューで、新しい「Assistance Request」ケースを作成します。
  2. 「Identify vehicle」アサインメントの先に進めます。
  3. 「Clipboard」をクリックしてクリップボード ツールを開きます。
  4. 選択したスレッドが現在のケースインスタンスのケースIDと一致していることを確認します。
  5. 「pyWorkPage」をクリックします。
  6. 「ServiceDayOfWeek」の値が現在の曜日(ケースの作成日)と一致していることを確認します。
    Clipboard


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice