Skip to main content

モジュール

インタラクションフレームワークの実装

6 トピック

37 分

Visible to all users
初級 Pega Robotic Automation ロボティックプロセスオートメーション 日本語

インタラクションフレームワークの導入により、開発者は開発プロセスにおいて、お客様の現場で複数のソリューションを共有し、迅速に変更できる、ユニークで再利用可能なプロジェクトを作成するという強みを発揮することができます。 このインタラクション・フレームワーク手法の導入により、開発時間が短縮され、新しいソリューションの構築、テスト、導入までの期間が短縮されます。

このモジュールを完了したら、以下の目的を達成できるようになります。

インタラクションフレームワークにおけるコンテキスト値の構造を定義する。
インタラクションとアクティビティを区別する。
アクティビティの構造を定義する。
インタラクションフレームワークでアクティビティを実装する。
ソリューションにおけるインタラクションとアクティビティの有効化を実装する。
コンテキスト値の変更に対応する自動化をソリューションに実装する。

下記のミッションにも含まれています。

Robotics System Architect

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice