Skip to main content

更新されたフレームワークコンテキスト値

更新されたフレームワークコンテキスト値

ソリューション内にフレームワークを実装する場合、さまざまなプロセスまたはアクティビティによってインタラクションのコンテキスト値が更新されるのが一般的です。 また、コンテキストの値は、その値に基づいてオートメーションに別の一連のアクティビティを実行させる場合があります。 こうしたことが一般的に発生するため、フレームワークにはデベロッパーが値の変化に対応できるようにするメカニズムが用意されています。

インタラクションフレームワークの柔軟性により、インタラクションマネージャーコンポーネントの動的イベントが作成されます。 interact.xmlのContextセクションに追加されたすべてのコンテキスト値について、インタラクションフレームワークはそのコンテキスト値に基づいてイベントを作成します。

サンプルのinteraction.xmlでは、Contextセクションに次の7つのコンテキスト値が含まれています。

  • Account Number
  • Name
  • Address
  • City
  • State
  • Zip Code
  • Nearest Store

イベントのObject Inspectorでは、IntMgrに7つの特定のイベントが表示されます(変更されたコンテキスト値ごとに1つ)。

change events

単一のオートメーションには、コンテキスト値ごとの個別のオートメーションではなく、特定のコンテキスト変更イベントごとに処理する行が含まれる場合があります。 インターフェースまたはアプリケーションを更新する実際のプロセスを実行するには、プロシジャーオートメーションを使用することを忘れないでください。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice