Skip to main content

モジュール

導入フェーズでの本番稼働準備

4 トピック

50 分

Visible to all users
初級 Pega Express 日本語

開発フェーズの後に導入フェーズに入ります。 導入時にMicrojourney™の実装準備がクライアント側で完了していることを確認します。これは、MLP(Minimum Lovable Product)リリースでパッケージングされます。 MLPのリリースにより、MLPは本番環境に移行します。このステップを新しいリリースごとに繰り返します。 発見フェーズで作成した1日目のライブプランの進捗状況を確認します。これには、データ移行、ビジネス成果の測定、業務の引き継ぎなどが含まれる場合があります。

導入フェーズで役立つ1日目のライブプランテンプレートやその他のドキュメントは、Pega Express Delivery Resources(デリバリーリソース)ページから入手できます。

このモジュールを完了したら、以下の目的を達成できるようになります。

自動デプロイメントツールを活用して技術的な準備状況を評価
Go/No-Goチェックリストを使用して、本番稼働の準備ができていることを確認
リリースレトロスペクティブで次のリリースに向けた学習と調整を実施
ビジネス成果を測定し、次のMLPに備える

下記のミッションにも含まれています。

Pega Express Delivery

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice