Skip to main content

プロセスへのデータトランスフォームの追加

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

時間の節約のため、データトランスフォームをプロセスに追加し、データトランスフォームを行う場所を定義します。 通常は、2つのアサインメントの間にデータトランスフォームを追加します。 たとえば、発注書を処理する際に、ユーザーが請求先住所として入力したデータを配送先住所に転記できます。

補足: また、App Studioのローコードで、ケースライフサイクルからデータトランスフォームを自動的に呼び出すこともできます。 詳細情報については、「Calling a data transform from a case」を参照してください。
  1. Dev Studioのナビゲーション パネルで「Case types」をクリックし、開きたいケースタイプをクリックします。

  2. 「Workflow」タブで、データトランスフォームを適用するプロセスにカーソルを合わせ、「Configure process」をクリックします。

  3. ツールバーで「Open process」をクリックします。

  4. データトランスフォームを追加する2つのアサインメントの間のコネクターをダブルクリックします。

  5. 「Connector properties」ダイアログボックスの「Set properties」セクションで「Apply data transform」を選択します。

  6. 「Data transform」フィールドで、下矢印キーを押して、データトランスフォームを選択します。

  7. 「Submit」をクリックします。

  8. 「Save」をクリックします。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice