Skip to main content

フローアクションへの検証ルールの追加

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ユーザーが入力したデータがケースの進行に必要な条件を満たしていることを確認します。 バリデートルールをフローアクションに割り当てると、ユーザーがアプリケーションで処理できない情報を入力するのを防ぎ、処理エラーの回数を減らせます。

たとえば、ローンの申請で頭金の支払いが必要な場合は、 頭金の支払いが十分かどうかをチェックするバリデートルールを作成し、 次に、顧客がローン情報を入力するステップの最後で実行されるフローアクションにルールを割り当てます。 頭金の金額が少なすぎる場合、バリデートルールにより顧客が頭金を増やすまでケースの進行が停止されます。
はじめに: バリデートルールを作成します。 詳細は、「Validating field input in complex scenarios」を参照してください。
  1. App Studioのナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

  2. 「Workflow」タブで、バリデートルールを追加するプロセスの名前にカーソルを合わせ、「Configure process」アイコンをクリックします。

  3. 画面右上の「Open process」をクリックします。

  4. キャンバスでバリデートルールを追加するコネクターを右クリックし、「Open Flow Action」をクリックします。

  5. フローアクションルールで、「Validation」タブを開きます。

  6. 「Validate」フィールドで、コネクターに割り当てるバリデートルールを選択します。

  7. 「Save」をクリックします。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 17% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice