Skip to main content

複雑なシナリオでのフィールド入力の検証

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ユーザーが入力したデータ値が特定の基準を満たしているかどうか、およびシステムが情報を正しく処理できるかどうかを確認するバリデートルールを作成します。

ステップバリデーションでは比較的単純な比較がサポートされますが、バリデートルールでは関数や条件処理を含む複雑な演算を実行するのに役立ちます。 たとえば、ローンのアプリケーションでは申請者のリスク評価によって異なる検証条件が必要になることがあります。 「RiskLevel」プロパティを「High」、「Medium」、「Low」の値で設定し、「High」、「Medium」、「Low」リスクレベルを表す顧客の検証条件のセットを定義できます。

補足: フォーム上のユーザーの入力に間違いがないかどうかを確認する検証条件を定義します。 ユーザーの入力が検証パラメーターに一致する場合、ユーザーがフォームを送信しようとするとエラーメッセージが表示されます。
  1. Dev Studioのヘッダーで、「Create」>「Process」>「Validate」の順にクリックします。

  2. 「New」タブで新しいバリデートルールのラベル、コンテキスト、ルールセットを定義し、「Create and open」をクリックします。

  3. 「Input」タブで、実行時に適用される検証条件のセットをアプリケーションで決定するために使用する入力を定義します。

    • 検証セットを1つだけ定義するには、「None」を選択します。
    • プロパティの値ごとに個別の検証セットを定義するには、「Input property」を選択してからターゲットプロパティを選択します。
    • ケースのステータスごとに個別の検証セットを定義するには、「Proposed work status」を選択します。
    • フローアクションごとに個別の検証セットを定義するには、「Flow Action Name」を選択します。
    • ステージごとに個別の検証セットを定義するには、「Stages」を選択します。
    例: リスクレベルが「High」、「Medium」、「Low」の顧客に対して個別の検証セットを設定するには、「Input property」を選択し、ターゲットプロパティに「RiskLevel」と入力します。
  4. 「Validate」タブの「Property」フィールドに、テストするプロパティを入力します。

    例: 頭金の金額が十分かどうかをテストするには、「Property」フィールドに「DownPayment」と入力します。
  5. 「Conditions」セクションで、「Add」をクリックして検証セットを作成します。

  6. 「Validation conditions」ウィンドウで検証セットを定義します。

    1. 「Enable conditions」チェックボックスが選択されていることを確認します。

    2. オプション:

      ユーザーによるフィールド入力が必須であることを示すには、「Required」チェックボックスを選択します。

    3. オプション:

      現在の評価が失敗した場合でもシステムで引き続きプロパティの評価を行うには、「Continue validation」チェックボックスを選択します。

    4. 「Select a function」で、プロパティの評価に使用する関数を選択します。

    5. 以下のフィールドに、関数の式を入力します。

    6. 「Message」フィールドに、条件が「true」の場合に表示するテキストを入力します。

    7. オプション:

      検証関数を追加するには、「Add a row」をクリックし、関数を接続する論理演算子を選択します。

    8. 「Submit」をクリックします。

    例: 頭金が必要な最小要件を満たしているかどうかをテストするには、「Select a function」リストで「CompareTwoNumbers」を選択します。 次に、下のフィールドに.DownPayment IS LESS THAN 1000と入力します。 「Message」に、「Down payment not sufficient」と入力します。 頭金の金額が1,000未満の場合に、エラーメッセージが表示されるようになります。
  7. バリデートルールに異なる入力値に対する複数の検証セットが含まれている場合、追加の検証セットを定義できます。

    1. 「Validate」タブの右上の「Add a new condition」をクリックします。

    2. 「Input」行に、検証セットを作成する入力値を入力します。

    3. 手順6.b6.hを実行して、検証セットを設定します。

    4. オプション:

      現在の検証が完了した後に別の検証セットを実行するには、「Also execute」行で、ターゲットの検証セットを指定します。

    例: リスクの高い顧客向けの検証セットを作成するには、「Input」行にHighと入力します。 次に、エラーメッセージと、.DownPaymentプロパティが1,500より少ないかどうかを評価する検証セットを追加します。 現在、リスクの高い顧客が頭金に1,200を支払った場合は、その金額で他の顧客では十分であっても、エラーメッセージが表示されます。
    2種類の入力シナリオの検証セット
    顧客が最低限の頭金を保有しているかチェックするバリデートルール。 顧客がハイリスクグループの場合は、頭金が1000から1500に増えます。
  8. オプション:

    現在の検証が完了した後に追加のバリデートルールを実行するには、「Additional validation」行で、ターゲットのバリデートルールを選択します。

  9. 「Save」をクリックします。

補足: バリデートルールとフローアクションを関連付ける。 詳細は、「Adding a validation rule to a flow action」を参照してください。

  • 文字パターンの検証

    ユーザー入力に関連性があるかどうかを確認します。 エディットバリデートルールで文字パターンを検証すると、ユーザーがフォームに入力したデータがフィールドの要件と一致しているかを確認し、処理ミスを減らせます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 25% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice