Skip to main content

フローアクションへの検証ルールの追加

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ユーザーが入力したデータがケースの進行に必要な条件を満たしていることを確認します。 バリデートルールをフローアクションに割り当てると、ユーザーがアプリケーションで処理できない情報を入力するのを防ぎ、処理エラーの回数を減らせます。

たとえば、ローンの申請で頭金の支払いが必要な場合は、 頭金の支払いが十分かどうかをチェックするバリデートルールを作成し、 次に、顧客がローン情報を入力するステップの最後で実行されるフローアクションにルールを割り当てます。 頭金の金額が少なすぎる場合、バリデートルールにより顧客が頭金を増やすまでケースの進行が停止されます。
はじめに: バリデートルールを作成します。 詳細は、「Validating field input in complex scenarios」を参照してください。
  1. Dev Studioのナビゲーション パネルで「Case types」をクリックし、開きたいケースタイプをクリックします。

  2. 「Workflow」タブで、バリデートルールを追加するプロセスの名前にカーソルを合わせ、「Configure process」アイコンをクリックします。

  3. 画面右上の「Open process」をクリックします。

  4. キャンバスでバリデートルールを追加するコネクターを右クリックし、「Open Flow Action」をクリックします。

  5. フローアクションルールで、「Validation」タブを開きます。

  6. 「Validate」フィールドで、コネクターに割り当てるバリデートルールを選択します。

  7. 「Save」をクリックします。


このトピックは、下記のモジュールにも含まれています。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice